トップページ > 中古車の下取りについて > 初心者が車を売る場所はどこがいいの?ディーラー、中古車屋さん、それとも・・

初心者が車を売る場所はどこがいいの?ディーラー、中古車屋さん、それとも・・

初心者でよく分からないんだけど、車を売るのは、どこがいいの?

車を売るのって、売る相手が違うと買い取り額が全然違うって聞いたことあるんだけど・・本当?

これから、はじめて自分の愛車を売却されるという方の中には、このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は自動車業界の片隅で働く筆者が、車を売る場所の選び方について説明していきたいと思います。

車の買い取りに価格差は普通にあるという現実

車を売るということになりますと、幾つか気になるポイントがあるかと思いますが、その中でも最も気になるポイントの一つである「売却価格」について、まずは説明したいと思います。

image

最初にズバリ結論から説明させていただきますと、中古車の査定価格を決める要素には、実に多くのポイントがありまして、一番わかりやすい「車そのものの価値」はもちろん、査定する人の判断、そのときの景気、買い取り時期、地域などによって、かなり変わってきます。

そのため、下のイメージのように同じ車を例えば、かんたん車査定ガイドカーセンサーといった中古車の買取一括査定サイトなどで査定を申し込んでみると、同じ車なのに、15万円から20万円といった差が出ることは、ごくごく普通にあったりします。

saeti

えー?そんなにも違うの?

筆者もこれまでに何度もこうした経験をし、その度にこうした現実に驚かされるのですが、日本の中古車マーケットでは、中古車買い取り業者がひしめている結果、こうしたことが日常的に起こるという状況になっています。

logo

ディーラーや中古車屋さん、オークションとかはどうなの?

先ほどは中古車の一括査定というネットサービスについて説明させていただきましたが、愛車を売る選択肢としては、その他にもディーラーや町の中古車屋さん、オークションなどがあります。

では、そういった業者は車を売る先としてはどうなのかと言いますと、それぞれ、いいところもあれば、そうでないところもあるという感じで、まさに一長一短です。

主なポイントを比較してみましたので、下記の表にてご覧ください。

 下取り一括査定メモ
車両の買取価格の相場車種によっては、10万円以上の差が出ることも!
装備品/部品の買取価格一括査定(買取り専門店)は装備品や備品についても評価の対象になります。
価格の比較下取りは1社のみですが、一括査定の場合は、複数社の価格を提示してもらえます。
キャンセル時の大変さあとでトラブルにならないように慎重に・・
アフターケア法定費用の支払い、事務手続きなどはどちらも、プロです。
出張査定場所によりますが、一括査定(買取り専門業者)は、基本的に無料で出張査定に来てくれます。
名義変更など下取りの場合は、事務手数料が高額になる場合も・・・。
時間と手間1社との交渉で済む下取りの方が時間と手間は少なくて済みます。

ディーラーへ愛車を下取りしてもらうメリットとしては、そのディーラーとだけ交渉をすればいいので「楽」という点と、アフターケアなどはかなりしっかりしているという点が挙げられます。

ただ、ディーラーは、大前提として車の買い取りではなく、”お客様に車を売る”のが本来の仕事のため、買取専門店よりは買取価格が低かったり、出張査定をしてもらえなかったり、事務手数料などが高いという点がやや見劣りします。

そういった意味では、町の中古車屋さんも車をお客さんに売るのが目的で仕事をしていますので、買取専門業者よりも買取価格は低くなりやすいというのが現状です。

参考/ディーラーに車を売るとなぜ下取り価格が安いのか?

では、オークションは?と言いますと、はっきり申し上げて、初心者には最もおすすめできない車の売り方になります。

デメリットメリット
売り手、買い手ともにかかる消費税がかからない
車両の引き渡しが面倒高く売れる可能性がある
代金回収が大変
引き渡し後の名義変更や税金の処理が大変
引き渡し後のトラブルがあると大変
なし

なぜなら、上の表の通り、オークションはとにかく「メンドクサイ」ことだらけだからです。

ただでさえ、手間がかかる手続きを自分の手でしなくてはいけない上に、お金のやりとりなどもしなくてはならず、初心者にはハードルがあまりにも高すぎるんです・・。

トラブルのことも含めて、友人や知人に売却するというのも同じ理由であまりおすすめできません。

え?!車を売るときって、そんなに書類が必要なの?

そうなんです・・実は車は買うときだけでなく、売るときも書類をかなり用意する必要があるのです・・。

念のためにどんな書類が必要なのかをざっくりと見てみましょう。

車を売るときはこれだけの書類を用意する必要がある

中古車を売るときの必要書類内容
車検証車検証がないと、運転することはできませんが(道路運送車両法違反)、売却することはできます。なお、紛失した場合は運輸支局で再発行してもらいます。
自動車納税証明書自動車税を支払ったことを証明するための納税証明書です。紛失した場合は、登録した運輸支局で再発行してもらいます。
自賠責保険証明書自賠責保険の保険料を支払ったことを証明する書類です。紛失した場合は、保険会社で再発行してもらいます。
リサイクル券リサイクル料を支払った事を証明する書類です。見当たらない場合は、自動車リサイクルシステムのサイトから再発行できます。
保証書新車、中古車問わず、保証期間内であれば、保証書があるはずです。なお、保証書を紛失した場合は、購入した販売店に再発行をしてもらいましょう。
取扱説明書車の取扱説明書のことです。新車の場合は必ず貰っているはずですが、中古車の場合は、ない場合もあります。なお、紛失した場合は、メーカーのホームページからダウンロードすることができます。
整備手帳これまでの定期点検の記録を記載した手帳のことです。再発行は不可となっています。
実印と印鑑証明書実印とセットで必要になる印鑑証明書。印鑑登録を済ませていない場合は、まず実印を購入して、住民票がある市区町村の役所で印鑑登録を行う必要があります。
住民票本人確認ための書類。
戸籍謄本車検証に記載してある氏名が住民票に記載がない場合。

車は買うときだけでなく、売るときにもこれだけの書類が必要になります・・。

また、これだけの書類を一回で憶えるのは大変かと思いますので、もし筆者が自作したチェックシートでよければ、ご自由にダウンロードしてお使いください。

sell_doc

oficina_pdf

exbutton

参考/車を売るときの必要書類のまとめ(ダウンロード用ファイルも)

初心者が車を売る場所は結局、どこがいいの?

それでは一旦、筆者が考える初心者におすすめする車の売り方について、ここでまとめてみたいと思います。

 初心者が車を売り先のおすすめ度
買い取り一括査定
ディーラー
町の中古車屋さん
オークション×
知人・友人×

時間に余裕があれば、ディーラーと買取査定の両方をトライしていただくというのが最も理想的というのが筆者の結論になります。

ただ、「どれか一つだけ選ぶとしたら?」と言われたら、高額買い取りが最も期待できるかんたん車査定ガイドカーセンサーといった「一括査定サイト」が初心者の方におすすめになります。

車を少しでも高く売るコツ

最後に、筆者から補足として、中古車を少しでも高く売るコツについて終わりにしたいと思います。

筆者が友達や知人を含め、様々な人から愛車の売却についての相談を受ける中で、多く質問されるポイントが2つありまして、それが「傷やへこみ」、「掃除と洗車」の2つです。

それぞれ、詳しく解説した記事を用意しているのですが、それぞれ要点をまとめると次のようになります。

〇傷やへこみは直さずに売る方がほとんどの場合、お得!

imaeg01

上のイメージは、傷やへこみを修理に出した場合のイメージになりまして、

〇一般の人が支払う修理代=修理屋さんの利益+修理屋さんの人件費+部品代など

〇買い取り専門業者が支払う修理代=人件費+部品代など

一般の人が支払う修理代は、修理屋さんへ支払う利益の分だけ、どうしても高くなってしまいます。

一方、中古車の買取業者が協力先の修理工場にお願いする場合、個人向けの単価とお得先の中古車の買取業者の修理単価は、かなり安くできるというのが現実です。

つまり、一般の人が車を売る前に傷やへこみを直す費用は、”割高になりがち”ということになります。

上記の理由などから、ほとんどの場合、一般の人が修理代金をすべて肩代わりして、おつりが来るほどの査定アップに繋がることは、残念ながらありません・・。

参考/傷ありやへこみありの車を売るときは、修理してからの方がいい?

〇掃除と洗車はした方がいい

中古車買い取り業者のビジネスは、時間が何よりも大切で誤解を恐れずに平たく言ってしまいますと「できるだけ多くの車を買い取って、できるだけ早くたくさん売る」ことで高い買取価格を実現しています。

つまり、少しでも早く売れそうな「キレイな中古車」は高く買い取ってもらうチャンスがあるのです。

参考/車を買取業者に売るときに洗車や掃除をするべき理由5つ

まとめ

「初心者が車を売る場所はどこがいいの?ディーラー、中古車屋さん、それとも・・」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

実は中古車の売却には、不透明な査定価格、自分にあわない営業担当、思った以上にかかる手間、頭を悩ます時間など、一連の流れの中で、目に見えないものも含めて、”損”をしてしまうリスクが数多く存在します。

そして、車の売却は、基本的にクーリングオフが適用されませんので(厳密には大手の中古車買取店は売買契約を結んだ後、キャンセル期間を数日だけ設けています)、仮に車を売却した後に”損”をしてしまったことが分かっても、残念ながら、やり直すことができません。

初心者の方が車の売却で後悔しないためには、1社の査定だけでなく、複数の会社で比較をするという冷静な判断を強くおすすめします。

筆者自身がはじめての車査定では、手痛い失敗をした経験がありますので・・。

買い替えを検討されている方へ

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド


第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定


第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット


著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。

監修者:浅井美津子

自動車・不動産などの売買契約業務から会計業務まで、長年にわたり幅広く従事。保有資格である販売士1級・宅地建物取引士(免許番号:941700070)・簿記1級を活かし、社会問題から生活に関わる話題などについて、独自の視点で執筆活動も行っています。