トップページ > 中古車の下取りについて > ディーラーに車を売るとなぜ下取り価格が安いのか?

ディーラーに車を売るとなぜ下取り価格が安いのか?

中古車を売却する方法には、ディーラーや買い取り専門店、個人間売買など様々な方法がありますが、特に「売却価格」という面では、ディーラーに下取りしてもらうのは、不利な面が多いというのは、どうしても否めません。

今回は「ディーラーに車を売るとなぜ、下取り価格が安いのか?」と題して、ディーラーに車を売却したときの下取り価格が安くなる理由について説明していきたいと思います。

ディーラーは車を下取りしても再販先は限られている

車業界に限った話ではありませんが、何かの物やサービスには様々な事業者がそれぞれの立場でビジネスに関わっています。

例えば、車業界でも、お客さんに輸入車を売ることが専門の会社、お客さんから中古車を買い取って別のお客さんにそれを売ることを仕事にしている会社、中古車を輸出している会社、廃車の引き取り・解体などを行っている会社などが存在していまして、それぞれに強みと弱みが存在します。

それは、車のディーラーと称される会社にも、当然あてはまりまして、車のディーラーにも強みと弱みがあります。

例えば、下記は車のディーラーと中古車の買い取り業者の強みと弱みを編集部にて比較した表ですが、「アフターケア」や「時間と手間」といった面では、ディーラーが強みを発揮していることが分かります。

 下取り一括査定メモ
車両の買取価格の相場車種によっては、10万円以上の差が出ることも!
装備品/部品の買取価格一括査定(買取り専門店)は装備品や備品についても評価の対象になります。
価格の比較下取りは1社のみですが、一括査定の場合は、複数社の価格を提示してもらえます。
キャンセル時の大変さあとでトラブルにならないように慎重に・・
アフターケア法定費用の支払い、事務手続きなどはどちらも、プロです。
出張査定場所によりますが、一括査定(買取り専門業者)は、基本的に無料で出張査定に来てくれます。
名義変更など下取りの場合は、事務手数料が高額になる場合も・・・。
時間と手間1社との交渉で済む下取りの方が時間と手間は少なくて済みます。

ただ一方で、売却価格では、ディーラーは買取業者に比べると弱い傾向にありまして、その理由としては、ディーラーはお客さんに車を売ることが仕事で、彼らが中古車買い取り専門の業者とは、ビジネスの構造が異なるという点が挙げられます。

一般的に車の価格は、下の表のような形で、その需要と供給により価格が決まります。

 売りたい人が多い売りたい人が少ない
買いたい人が多い〇(買取価格/普通)◎(買取価格/高い)
買いたい人が少ない×(買取価格/安い)△(買取価格/やや安い)

”買いたい人が多い”場合は、買取価格が普通か、あるいは高い価格が選ばれることが多く、つまり、買い手が多い方が車の売り手としては圧倒的に有利であることがお分かりいただけるかと思います。

では、ディーラーと買い取り専門店のビジネス構造がどう違うのかといいますと、車を買い取った後の新しい買い手探しの方法が大きく異なってきます。

まずディーラーですが、ディーラーでは下取りをした車を、その店舗で洗車・掃除したり、メンテナンスをして、その店舗で販売をするか、あるいは、自社のネットワーク内でのみ販売を行います。

下取りの仕組み

一方で、買い取り専門店に売却すると、オートオークション(中古車業者専用のオークション)などを利用して、大勢の買い手がいるところで次の買い手を探しますので、おのずと買い取り価格を上げることができます。

また、買い取り専門店は最もスピードのある会社ですと、車の買い取りから次の買い手探しまで3営業日ほどで行うといったケースもあるほどで、売却できるスピードが早いということは、それだけ買い取り価格を高くすることもできるということになります。

一括査定による買取りの仕組み

ご覧いただきました通り、ディーラーと中古車買い取り専門店では、そもそもビジネスの構造が違うために、ディーラーの下取り価格がどうしても安くなってしまうというわけです。

ディーラーの下取りでは、オプションは査定対象外

カーオーディオ、タイヤ、マフラーなど自動車を純正以外のパーツでカスタムするというドライバーも少なくないと思いますが、ディーラーでは、そういった”他社”製品の査定価値はゼロです。

なぜなら、ディーラーはあくまで自社の店舗あるいは、自社のネットワークを使って、車を売買するため、買い取り専門店やパーツ専門店などでは高く買い取りしてもらえる可能性があるパーツであっても、”他社製”という理由でそもそも評価するわけにはいかないですし、もっと言えば、どんなに高くても他社製のパーツは外して、純正に戻して売らざるを得ないのです。

これではディーラーがその仕組み上、買い取り専門業者などと比較して、下取り価格が不利になってしまうのは避けられません。

ディーラーの下取りでは洗車代やメンテナンス代金が差し引かれる

先ほど、ディーラーは車を買取した後、買い取りした後の店舗や自社のネットワーク内で販売する前にディーラー内で洗車やメンテナンスを行うということを説明させていただきました。

実は、その洗車代金やメンテナンス代金といった費用はディーラーが負担するわけではなく、下取り価格から差し引かれています。

一方で買い取り専門店は、最低限の洗車やメンテナンスは行いますが、基本的にそれらに多くの時間や手間をかけるということはしません。

なぜなら、買い取り専門店のビジネスの基本は”薄利多売”であり、どんどん買取して、どんどん売却していくため、洗車やメンテナンスに時間や手間を掛けていられないのです。

ここにも、ディーラーと買い取り専門業者ではその買取価格に大きな開きが出てしまう理由があることが分かります。

ディーラーは在庫リスクを下取り価格に反映せざるを得ない

ディーラーは買い取り専門業者とは異なり買取した中古車の販売先が自社内に限られるため、”それなりの”在庫リスクを抱えてしまうことになりますが、その在庫リスクも下取り価格に反映せざるを得ません。

同じ車を1ヶ月以内にかなりの確率で売ることができる中古車買い取り業者と、半年から1年間は在庫として抱えてしまう可能性があるディーラーでは、その買取価格に差が出てしまうのは火を見るよりも明らかです。

ご存じの通り、中古車は”寝かせている”間にも、その資産価値は時間の経過とともに走行していなくても目減りしていきます。

ディーラーも当然、そうしたことは十分承知しておりますので、下取り価格は必然、買取業者に比べると、下げざるを得ないということになります。

ディーラーでの買い替え値引きとまとめ

「ディーラーに車を売るとなぜ、下取り価格が安いのか?」と題してお送りしてきましたが、いかがでしょうか。

ここまで、ディーラーでの下取り価格が安くならざるを得ない理由を様々な角度から見てきましたが、実はディーラーには、ディーラーにしかできない「買い替え費用の値引き」という伝家の宝刀もあります。

実際に、この買い替え費用の値引きが大きく、売却価格では買い取り専門店に軍配が上がっても、新しい車の買い替え費用も考慮すると、トータルでは、ディーラーで下取りして新しい車を買い替えるのと、結局、同じだったというケースもあります。

why

つまり、車の買い替えを考えるときは、「売却金額」と下取りキャンペーンなどの値引きなどを総合的に考える必要があるということになります。

ディーラーによる下取りと買い取り専門店での売却の両方を天秤にかけることが”損をしない”買い替えということになるかと思います。

もしも、車が予想外に高く売れたら・・・?

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド


第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定


第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット