車検費用の相場

スポンサードリンク



新車を購入して3年以上経過した後は、2年ごとに継続検査を 受けなければなりませんが、近年の規制緩和の影響もあり車検 の相場はかなり幅が出てきています。

まず、大きく分けて車検には業者に依頼する場合と自分で行う 場合の2タイプに分かれています。

【車検を民間業者に依頼する場合】

現在、民間業者により行われている車検にはディーラー車検、 民間車検工場での車検、ガソリンスタンド車検、フランチャイ ズ車検、ユーザー車検代行など様々な種類があります。

民間業者での車検費用は現在、10~18万程度と言われています。

基本的に車検、つまり継続検査を行うためだけであれば、費用 には実はそれほど大きな差はありません。

費用に開きが出るのは、部品の交換やメンテナンスなどの保守 点検費用がかかるためで、例えば、ディーラー車検では、自社 の自動車の点検には細かいサポートを行っているためにコスト が多少、他の業者に比べて掛かってしまう傾向にあります。

コストがかかることは表面的にはあまり良くないように思われ がちですが、例えば、10年以上乗っている自動車ですと、それ なりの点検・メンテナンスは当然必要になってきますので、多 少コストが掛かったとしても「安全」を買うと思えば、それほ ど高い金額ではないでしょう。

逆に考えますと、登録してからの年数がわずかで、走行距離が 少ない状態で継続検査を行う場合は、ディーラー車検よりもコ ストが安い車検業者を選ぶという手もあります。

とは言いましても、車検を安く通すことよりも、「安全」が大 事であるのは間違いないですから、慎重に判断したいところです。

【自分で車検を行う場合】

いわゆるユーザー車検ですが、上で挙げた車検の相場よりも数万円 安く済ませることができるのが特徴です。

近年はドライバーのコスト削減の影響もあり、ユーザー車検を受け る人は増加傾向にあります。

ユーザー車検は、時間に余裕があって、自分の自動車についてある 程度、保守管理に自信がある人にオススメの方法で、メンテナンス さえしっかり行うことができれば、業者に頼むよりは、ぐっとコスト を抑えることができます。

ただし、繰り返しになりますが、車検を安く通すことよりも、「安全」 が大事であるのは間違いありません。

【車検にかかる費用のチェック・ポイント】

軽自動車、小型車、中型車、大型車や年数などいろいろと条件がありますが、 おおむね下のような費用がかかります。

○自動車重量税・・・10,000~50,000円
○自賠責保険・・・30,000~40,000円
○検査手数料(印紙代など)・・・1,000~2,000円
○予備検査料/保安基準確認検査料・・・4,000~8,000円
○メンテナンス料・・・10,000~100,000円


○軽自動車・・・40,000~70,000円
○小型車・・・60,000~100,000円
○中型車・・・90,000~150,000円
○大型車・・・120,000~200,000円

民間業者にお願いした場合に、差が出るのは、メンテナンス料と予備検査手数料などですね。

【サイト管理人の独り言メモ】

車検の費用の相場は地域により異なるという現実もあります。あまり車検を行っている業者が少ない地域では競争が起こりにくく、その分、 車検費用はそれほど安くなりませんが、車検の業者がひしめいている地域では、逆に安くなる傾向にあります。また、ユーザー車検や自分 でメンテナンス(部品交換など)を行うことができるところは自分で行えば、費用は当然安くなります。

スポンサードリンク