車を高く売る方法について > 傷ありやへこみありの車を売るときは、修理してからの方がいい?

傷ありやへこみありの車を売るときは、修理してからの方がいい?

中古車を売ることを考えたときに、自分の車にある傷やへこみって、どうしても気になりますよね・・。

これを直して高く売れるのであれば、修理した方が高く買い取ってくれるのかもしれないし、でも逆に修理代を掛けたとしても、それほど買い取り価格が高くならないのであれば、結局、損することになってしまうし・・。

そこで、今回は、傷ありの車やへこみありの車の修理と売却について、見ていきたいと思います。

買い取り業者はできるだけ安く買いたい

中古車の買取業者の仕事は、中古車を査定して、そして、それを新しい別のお客さんに売却することですが、ご存じの通り、車の買い取りはできるだけ安く買いたいというのが本音です。

となりますと、傷やへこみのある車は、中古車の買取業者からすれば、当然、マイナス査定の対象となりますので、見方によっては、”お得な”車ということになります。

なぜなら、自社や協力先の修理工場などで安いコストで修理をして売れば、高く売れる可能性があるからです。

中古車の買取業者は中古車を買い取りした後は、修理せずに、そのまま他のお客さんに売却する場合がありますが、傷やへこみについては買取業者が自社で修理をする場合もあれば、提携している修理工場で修理を行って売却する場合もあります。

そして、中古車の買取業者が車の傷やへこみの修理を行う場合は、当然ですが、一般の人が行うよりも修理代は安いコストで行うことができます。

下は、買い取り専門業者が仮に、自社やグループ企業で修理を行った場合と、一般の人が修理をお願いした場合の修理代の内訳のイメージになります。

imaeg01

一般の人が支払う修理代=修理屋さんの利益+修理屋さんの人件費+部品代など

買い取り専門業者が支払う修理代=人件費+部品代など

となりまして、一般の人が支払う修理代は、修理屋さんへ支払う利益の分だけ、どうしても高くなってしまいます。

また、仮に中古車の買取業者が協力先の修理工場にお願いする場合であっても、修理工場からしてみれば、個人向けの単価とお得先の中古車の買取業者の修理単価は、当然、違ってきます。

つまり、一般の人が車を売る前に傷やへこみを直す費用は、割高になりがちということになります。

それでも、車の査定をしてもらう前に、傷やへこみを修理して高く売れればいいのでは?と考える人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合、一般の人が修理代金をすべて肩代わりして、おつりが来るほどの査定アップに繋がることは、残念ながらありません・・。

それだけ、一般の人が普通に傷やへこみの修理を修理屋さんにお願いすると、費用が高いということになります。

このように見てきますと、車を売る前に、傷やへこみを修理するというのは、あまり賢明な判断とは言えないでしょう。

では、傷やへこみがあっても、放っておくしかないのでしょうか?

必ずしもそうとは言い切れません。

傷やへこみをカバーするという方法もあります。

コーティングのプロに依頼するという手も

傷やへこみの修理代金は、程度にもよりますが、仕組み上、費用が高額になる傾向にあるために、車を売る前に修理をするのは賢明ではないという説明をしましたが、コーティングに関しては必ずしも、そうとは言い切れません。

車の外装については、普段からのメンテナンスが重要なことはもちろんですが、査定前にコーティングのプロにお願いしますと、外装がガラッと変わり、買い取り価格が上がることがあります。

プロがコーティングすれば、必ず買い取り価格が大幅に上昇するというものではありませんが、傷やへこみの修理に比べると、買い取り価格の上昇は期待できます。

では、なぜ、コーティングの場合は、買い取り価格が上がりやすいのでしょうか?

それには、理由があります。

〇買い取り専門業者の中には売りやすい車を探している業者もいる

先ほど、中古車の買い取り業者の中には、車を買取して、修理などはせずに、そのまま車をすぐに売ろうとする会社があるということを説明しました。

そうした会社は、手間暇をかけるよりも、何よりも回転率、つまり、例え、利益が少なくても、中古車を買って売るという、”数”を多くこなすことを大事に考えています。

つまり、そうしたタイプの買い取り専門業者は、裏を返せば、”売りやすい”車を常に、探しているということになります。

では、売りやすい車といえば、どういう車かといいますと、一番わかりやすい例が、キレイにコーティングがされた、見栄えのいい中古車ですね。

そうした中古車の買い取り業者は、通常、一般の人から車を売りたいという依頼を受けて、査定を行った後、すぐに、オートオークションと呼ばれる、自動車業界の業者間取引で販売を行います。

早いときは、買取した中古車を翌日にオークションに出すほどです。

そして、このオークションに中古車を買いたいと思って、参加をしている会社も、何を考えて仕入れを行うかと言いますと、”早く売りやすい車”です。

つまり、プロのコーティングによって磨き上げられた中古車は、車の売買をするにあたって、最も重要な要素の一つである、売りやすさと買いやすさに直結しているということになります。

ただ、注意しなくてはいけないのは、コーティングのプロと一口に言いましても、その技術や内容はバラツキがあり、さらに一見、素人には分かりにくいことです。

コーティングは信頼できるプロの手にかかれば、見事なほどに外観が綺麗になり、査定価格に影響が出てきますが、あまり、技術力のない業者の場合、安いコーティング剤と平凡なコーティング技術で、査定に影響がほとんど影響がなく、費用だけが掛かってしまう場合もあります。

仮に、車を売る前に、コーティングをするのであれば、信頼できる高い技術を持った業者を選ぶ必要があると言えるでしょう。

買い替えを検討されている方へ

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド

第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定

第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。