トップページ > 車の故障・トラブル > バンパーの傷の修理または交換にかかる費用の相場について

バンパーの傷の修理または交換にかかる費用の相場について

車は外を走っている以上、どうしても傷や損傷が避けられませんが、中でもバンパーは自分でぶつけたり、他の人に”ぶつけられたり”して、傷やへこみなどが起こりやすい箇所です。

そこで、今回はバンパーの傷の修理または交換にかかる費用、その費用の内訳、そして費用の支払方法などについて見ていきたいと思います。

では、早速、見ていきましょう。

バンパーの修理の原因とその対処について

バンパーの修理と一口に言いましても、その原因は様々で、バンパーの状況を見て、修理工場のスタッフなどが最もふさわしい方法で修理を行います。

では、実際にバンパーの状況によって、どんな対応が必要になるかを編集部でまとめてみましたので、下記の表をご覧ください。

バンパーの修理の原因修理方法と内訳
色あせ部分塗装・全塗装・色合わせ・肌調整
えぐれ修理または全交換
傷(擦り傷・ひっかき傷)修理または部分塗装・色合わせ・肌調整
ヒビ・割れ補修または全交換
へこみ修理
曲がり修理
浮き修理または部品交換

簡単なパーツ交換や修理で終わる場合は、費用はそれほどかかりませんが、バンパーの全交換や全塗装になりますと、どうしても費用は高くなってしまいます。

また、塗装については、費用を安くしてくれるところもないわけではありませんが、そうした業者が施した塗装は、すぐに剥がれてくる可能性が高いので、注意が必要です。

では、上記の表を踏まえた上で、実際にそうしたバンパーの修理代の内訳についても見ていきましょう。

バンパーの修理代金とその内訳について

実際にバンパーの修理を依頼した場合、その修理代金の内訳については、業者間により多少異なりますが、下記の表のようなイメージになります。

バンパーの修理代内訳修理方法と内訳料金の目安
全損または交換バンパー及びパーツ代30,000円~
塗装部分塗装・全塗装・色合わせ・肌調整10,000円~
代車料金希望に応じて1日5,000円~
工賃(人件費)バンパー脱着費用・分解費用・傷またはへこみ修理20,000円~

料金については、あくまで目安ですので、車種や業者により費用感にはかなり幅が出てくることが予想されます。

例えばディーラーにお願いすると割高になる傾向にあったりしますので、費用を安く抑えたい場合は、懇意にしている修理屋さんにお願いしたり、ディーラーに業者を”紹介”してもらうという手もあります。

そして、修理代金の相場についてですが、バンパーの交換が必要な場合ですと、人件費やバンパー・パーツの交換代金を含めて、少なくとも10万円程度の出費は必要になるかと思います。

ちなみに、バンパーの交換につきましては、新品を交換するとなるとかなり費用がかかってしまいますが、例えば、ヤフーオークションなどで状態のいい新古品や中古品を落札して、それを持ち込むことで費用を抑えることもできます。

ただ、持ち込みについてはOKとしている修理屋さんとそうでない修理屋さんがいるので、事前に確認しておくことをおすすめします。(持ち込みの場合は、別途費用がかかる場合もあります)

また交換までいかなくとも、バンパーの脱着・分解・補修・部分塗装の場合の相場は一般的には、5万円~6万円程度は必要になってくるかと思います。

代車料金については、無料のところとそうでないところがありますので、コストを抑えたい場合は、事前に電話で聞いたり、業者のサイトなどでチェックしてみるというのも一つの方法です。

なお、修理にかかる時間ですが、修理の内容により異なりますが、2~3営業日、早ければ当日で修理完了というケースもあります。

バンパーの修理代金の支払いについて

バンパーの修理代金については、例えば、事故などの場合で保険を使うかどうかは慎重になった方がいいケースがあります。

なぜなら、少額の修理代金を自動車保険でカバーしてしまうと、次の年から保険料が上がってしまい、結果的に損をしてしまいかねないからです。

例えば、バンパーの修理代として、5万円を支払うことになったとして、それを自動車保険でカバーすると、そのときの持ち出し費用はありませんが、1年後には5万円以上の保険料を支払うことになってしまう・・・といったケースが考えられます。

加入している自動車保険の内容により異なりますので、修理代金の支払い方法について、契約している保険の担当者に一度、相談してみることをおすすめします。

バンパーの傷やへこみの修理代金が高額になった場合・・・

自損事故などでバンパーに大きな傷やへこみが出来てしまい、その修理代金が高額になってしまったケースについても説明しておきたいと思います。

10万円程度であれば、何とか修理費用を捻出するというのも一つの方法ですが、20万円以上の修理代金が必要になってくるような場合は、その修理費用を新しい車の買い替え費用に使い、車を乗り換えるという方法も検討する価値は十分にあります。

ご存じの通り、中古車の価値は時間とともに下がっていきますので、バンパーの傷やへこみの分だけ、査定価格は下がったとしてもすぐに買い換えた方が、結果的に数年後に売却するよりも高く売れる可能性は高いです。

実際にそうしたケースが多いので、ディーラーや中古車販売店などでは、自動車のローンが残っている場合でも、買い替えの際に次の新しい車にローンを上乗せしてくれるサービスを提供しているほどです。

なお、バンパーに傷やへこみがある車を高く売るコツですが、修理はしないで、”そのまま”の状態で、複数の業者に買い取りの見積もり依頼をお願いしましょう。

買い取り業者は自前や協力会社先で修理すると、一般の人が修理するよりも修理コストを安く抑えることができるからです。

また、買い取り業者の選定については”1社”だけですと、どうしてもバンパーの傷やへこみが原因で、安く見積もられる可能性がありますので、複数の業者に見積もりをお願いし、少しでも高く買い取りしてくれる業者を比較するのをおすすめします。

なぜそうしたことが起こるかと言いますと、例えば大手の買取業者では、自社で修理工場を持っていたり、提携している修理工場がありますので、かなり格安の料金でバンパーを修理できてしまうからです。

また査定士の中には、修理が必要なバンパー以外で、年式や、外装・内装などから高く評価してくれる人もいたりする可能性があります。

バンパーの修理費用が高額になる場合は、修理する以外の選択肢も慎重に検討したいところです。

『超お買い得』に車を買い替える方法

中古車を買い替えるなら、状態が悪くて割高な車両ではなく、質が高くて価格が手頃なクルマを手に入れたいですよね。

そんなお買い得な中古車を見つけるには、ちょっとした"アイデア"が必要になります。それは世の中になかなか出回らない「非公開車両」をターゲットにすること。

厳しいプロの目から見てもお買い得でクオリティの高い中古車は、公開されることも、宣伝されることもなく、その情報にアクセスできる人の手に次々と渡っていきます。

そんな「非公開車両」を特別に紹介してもらえるサービスが今、ネットのおかげで簡単に利用できるようになってきました。

無料登録を行って「返品OK、最長10年保証」といった条件を伝えれば、プロが優先的に”無料で”質の高い中古車を紹介してくれます。

「なびくる+」で超お買い得な非公開車両を見てみる >>

愛車がどれくらいの価格で売却できるのか試してみる方法

日本の「中古車」は質が高く車両そのものの価値以外にも、部品としての価値があれば、国内でも海外でも十分に高値で買い取りしてもらえる可能性があるのはご存知でしょうか。

つい最近までは、そんな中古車売買に関する情報も、一部の限られた人にしか知らされていませんでしたが、ネットのおかげで、そうした情報も広く行き届くようになってきました。

その結果、ネットの査定サービスを利用して車を売却すると、下取りよりも平均で約16万円も高く売却できるというデータも出てきています。(「ズバット車買取比較」による調査)

特に、利用者数100万人超えの業界最大手「ズバット車買取比較」や匿名査定代行のパイオニア「UcarPAC」ではどれくらい”高値”で売却できるのかを知ることができるサービスとして高い人気を集めています。

売却するしないは価格を見てから判断できますし、査定は無料で依頼できますので、興味のある方は一度、試してみる価値のあるサービスと言えるかと思います。

参考サイト/「ズバット車買取比較

参考サイト/「UcarPAC

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。

監修者:浅井美津子

自動車・不動産などの売買契約業務から会計業務まで、長年にわたり幅広く従事。保有資格である販売士1級・宅地建物取引士(免許番号:941700070)・簿記1級を活かし、社会問題から生活に関わる話題などについて、独自の視点で執筆活動も行っています。