トップページ > 車検について > 車検に出す度に代車・・引き取り・・めんどくさい!というときの対策

車検に出す度に代車・・引き取り・・めんどくさい!というときの対策

車検に出す度に、見積もり、価格交渉、代車の手配、そして、車検が終わると、引き取り・・・もう~めんどくさい!っていう方もいるのではないでしょうか。

費用が安く上がるユーザー車検(自分で陸運局に車両を持ち込んで検査を受ける方法)は、さらに面倒くさいし・・。

今回は、自動車業界で働いていながら、極度のめんどくさがりである筆者が車検の面倒くささとその対策について、備忘録的にまとめておきたいと思います。

車検がめんどくさいという正体

新車登録から3年、その後は2年ごとにやってくる車検の通知が来るたびに、めんどくさいと感じてしまっている筆者ですが、毎度毎度、そう感じてしまう理由が一体、何なのかということを整理してみました。

〇”予想以上に”費用がかかる

自賠責保険、自動車重量税、印紙税などの法定費用は、一市民としての義務であることを理解していますので、まだ納得できます。(すいません・・嘘ついていました。高い・・・高いです・・・今の国産車の耐久性を考慮すれば、車検の間隔をもっと長くできるはず!)

そして、筆者がもっとも納得いかないのは、メンテナンス代金です。

筆者も自動車業界の端くれとして、ディーラーに車検の見積もりをもらって、「はい、そうですか。」といって車検をお願いするほど、”ウブ”ではありません。

車検の度に、ディーラー、指定工場、フランチャイズ車検業者などを回って見積もりをもらうのですが、そのメンテナンス代金がなぜ、あれほどまで違うのか、毎回、本当に納得ができません。

人件費や固定費、メンテナンスの範囲が違うということは分かりますが、「過剰な点検整備は必要ないです」と事前にお願いしていても、毎回、業者によって”あきれる”ほど、費用が違うのです。

そして、もう一つ、車検費用の価格交渉、これがまためんどくさい・・・。

費用の内訳の説明を聞いて、「えーそんなの、必要なの?」と思って指摘すると、「これこれの理由で・・・」と、マニュアルを読んでるみたいに回答されて、いっそう困惑するばかり・・なんてことも珍しくありません。

確かに筆者はその気になれば、自動車業界に身を置くものとして”ツテ”を頼れなくもありません。

しかし、2年ごとにやってくる車検の度に、”ツテ”を頼むというのも、それはそれで気を遣いますし、”ツテ”を頼っても車検は実際のところ、それほど安くなることはありません・・。

〇掃除、代車、車の引き取り・・時間がかかる!

車検を出す前、読者の皆さんは、自分の車を掃除されますか?

筆者は、小心者のせいか、車検に出す前は車を少し掃除するだけでは納得できず、徹底的に清掃してしまうのです・・。

やり始めたら徹底的に掃除しないと気が済まないタイプで、掃除が終わったときに充実感を得られることを分かってはいても、掃除を始めるまでの「めんどくさい感」は尋常じゃないのです。

そして、重い腰を上げて磨き上げた車を今度は車検業者のところまで運び、代車を手配して、車検が終わると、また引き取りに・・・。

掃除、車検の見積もり、車検価格の交渉、代車の手配、引き取りといった一連の流れで、2週間ぐらいの週末はほぼ、潰れてしまいます・・・。

何というめんどくささ!

車検は、公道を安全に走行するために、必要なものであるということは分かっていても、本当にめんどくさいこと、この上ありません・・・。

車検がめんどくさいのを軽くする方法

筆者が「よきに計らえ」と電話一本で秘書にお願いできるほど経済的に豊かであれば、車検のことをこんなにめんどくさいと感じたり、悩んだりすることもないと思うのですが、少なくともこの記事を書いている時点では、そんな豊かさには恵まれていません(笑)

そこで、筆者が実践していて、少しでもお金の負担をかけずに、車検がめんどくさいのを軽くする方法を少し紹介したいと思います。

と言いましても、その方法は極めて簡単な方法です(^^;

まずリクルートが運営しているカーセンサーのサイトにアクセスします。

m001

そして、今度は自宅がある住所の郵便番号、車のメーカー、車名を入力をします。

m002

すると、上記のようにずらっと、車検サービスを提供している会社が出てきます。

検索結果が0件のときは、トップページの下にあるエリア検索などを使って店舗を探していきます。(車検は他府県で受けても問題はありません)

そして、今度は、ページ中央にあるチェックボックスの中から、「短時間車検」や「一日車検」にチェックを入れて、再検索をかけます。

m003

対象の店舗がズラッと出てきますので、その中から車検業者の詳細を調べるという流れになります。

この方法を使えば、自宅に居ながらにして

・複数の車検業者の費用を比較できる

・短時間車検や一日車検の業者を探せる

・車検の相場価格を知ることができる

といったメリットを得ることができますので、車検のめんどくささを軽減することができると思います。

なお、検索するだけで車検を申し込まなければ、このサービスは無料で利用できます。

車検がめんどくさいから車を売るというのはアリ?

自動車業界で働いているということもあり、たまに知人や友人などから聞かれることがあるのが、車検がめんどくさいから売るというのはアリ?という質問です。

これについては、ケースバイケースになるというのが筆者の見解です。

特に人気車でもなく、年式から考えて走行距離もソコソコ、車の状態もまずまずというのであれば、ほとんどの場合は、乗り続けた方が経済的にはお得なことが多いです。

ただ、中古車市場でも人気が高い車は、車の買取価格が高くなる傾向にありますので、買い替えも十分アリだと思います。(一昔前、国産SUVが海外で人気沸騰していたときは、300万円で購入した車を2~3年以内に売却して、400万円で売れるなど、”利益”が出ていたときもありました。)

また、走行距離10万キロ目前、新車登録から5年、7年、10年といった節目が迫っている車は、買い取り価格がガクッと下がったりするポイントなので、車検を受ける前に売ってしまうというのも一つの手です。

まとめ

「車検に出す度に代車・・引き取り・・めんどくさい!というときの対策」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

車検がめんどくさい・・という読者の方に少しでも参考になるポイントがあれば幸いです。

もしも、車が予想外に高く売れたら・・・?

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド


第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定


第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット


著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。

監修者:浅井美津子

自動車・不動産などの売買契約業務から会計業務まで、長年にわたり幅広く従事。保有資格である販売士1級・宅地建物取引士(免許番号:941700070)・簿記1級を活かし、社会問題から生活に関わる話題などについて、独自の視点で執筆活動も行っています。