廃車手続きの前に > ボロボロの車を売るか廃車で迷うならまずは見積もり査定

ボロボロの車を売るか廃車で迷うならまずは見積もり査定

乗っている車が、あちこちぶつけてしまって傷だらけだったり、年式が古かったり、走行距離が多すぎたりと、もうそろそろ寿命っぽいから車は廃車かな・・・でも、廃車にはお金も手間もかかりそうだし・・・可能であれば、ボロボロの車でも買い取りしてもらえると金銭的にも助かるんだけど・・・。

と、こんな風に迷っているのであれば、まずは見積もり査定をおすすめします。

なぜなら、近年は廃車寸前の車でも買い取りしてくれる業者が数多く存在しますので、廃車寸前の車であっても、自分でお金を払って廃車手続きをするよりも断然お得だからです。

今回は、なぜ、廃車寸前の車でも買い取りしてくれるのかといった理由、実際に廃車をするときの費用や手間なども含めて、説明していきたいと思います。

廃車寸前でも買取が可能な理由

実は、廃車寸前の車を買い取り専門店などが買い取りすることができる理由は、ズバリ、中古車のパーツやエンジンになります。

誰がそんな廃車寸前のパーツやエンジンを必要としているのでしょうか?

それは、海外です。

日本の中古車が海外に多く輸出されているというのは、読者の方もご存知の方が多いと思いますが、実は中古車のパーツやエンジンも海外ではとても人気が高いのです。

例えば、エンジンやサスペンションなどはその代表的なものになりまして、実際に、中古車のパーツを海外に輸出販売している会宝産業の業績は下記のグラフの通り、右肩上がりで伸びています。

pics_jisseki2015

データ参照元/会宝産業のウェブサイトより

つまり、廃車同然の中古車であっても、車買い取り業者は車を解体して、海外に輸出することで、大きな利益を上げているのです。

廃車寸前の車を少しでも高く売る方法

廃車寸前の車でも買い取り事業者は買い取り意欲があることはご理解頂けたかと思いますが、それでは、少しでも高く売るにはどうすればいいでしょうか?

それは、下取りも含めて、できるだけ多くの買い取り業者に見積もり査定をしてもらうことが有効になります。

例えば、ネットを通じた買取一括査定サービスでは、一回の申し込みで複数の業者に買取査定の見積もりをお願いできますので、”効率的に”複数の買い取り業者から見積もりを取ることができます。

上は、それをイメージにしたものですが、複数の業者に依頼した際の全体像を掴んでいただけるかと思います。

ネットを使って複数の業者から見積もりを取ることについて、もっと詳しく知りたいという方は「相見積もりで車を売る最も簡単な方法とは?」の記事も参考にして頂ければと思います。

廃車寸前の車でも売る前には修理した方がいい?

廃車寸前の車を売るにあたって、傷やへこみを直した方がいいのかどうかを迷う方もいるかもしれません。

しかし、廃車寸前の車を売るには、よほどのことがない限り、修理などはしない方がいいでしょう。

なぜなら、修理については、買い取り事業者の方がお手の物ですし、あるいは、解体してパーツを海外に売るのであれば、修理はそもそも必要なかったりするからです。

傷やへこみがある車を売ることについて、もっと詳しく知りたいという方は、「傷ありやへこみありの車を売るときは、修理してからの方がいい?」の記事も参考にしていただければと思います。

実際に廃車をするとなると、どれくらいの費用と手間が発生するのか?

それでは、ここからは実際に廃車をする場合の費用や手続きについて見ていきたいと思います。

まず、廃車寸前の車の所有者の名義を確認しましょう。

なぜなら、廃車をするときは、陸運局で永久抹消登録を行う必要がありまして、その際に所有者がディーラーや信販会社になっていると、勝手に廃車手続きができないからです。

所有者の確認の仕方は、車検証の所有者記入欄がありますので、そちらをご確認ください。

loan_03

loan_02

車検証には現在2タイプありまして、上のどちらかになるかと思います。

もし、所有者記入欄を確認して、所有者がディーラーや信販会社などの他人名義になっている場合は、名義変更の手続きを進めましょう。

なお、このとき、自動車ローンがまだ残っている場合は、ローンの残りを先に一括で返済しなくてはいけません。

そして、ローンの残りを支払った上で、ディーラーや信販会社に名義変更の依頼を行い、名義変更のための書類を送付してもらいます。

そして、下記の必要書類などを用意して、所有者名義変更と抹消登録について、それぞれの陸運支局で、本人または代理人(家族や行政書士に依頼もできます)が手続きを行います。

 永久抹消登録に必要なもの
1抹消登録申請書
2自動車検査証(車検証
3ナンバープレート2枚
4所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
5実印
6委任状(代理人が申請する場合)
7自動車重量税還付申請書
8自動車重量税還付用の銀行口座の情報など

廃車費用については、車の種類によっても異なりますが、リサイクル料金は軽自動車で8,000円、普通車で10,000~20,000円、外国車で20,000円といった金額になります。

そして、上記の費用に加えて、廃車引き取り業者への廃車引取り費用が別途必要になります。

ここまでの流れを整理してみますと、廃車に至るまでには、下記の手続きが必要になってきます。

 廃車までの流れ
1所有者を確認する
2所有者が他人名義の場合、所有権の解除を依頼する
3自動車ローンがまだ残っている場合は、それを一括で支払う
4所有者から必要書類を送付してもらう
5名義変更と抹消登録を行うために必要な書類を用意する
6代理人に委託する場合は、委任状とお金を用意する
7陸運局に届け出る
8引取り業者を手配して引き取りに来てもらう

お金をかけて・・・、必要書類を用意して・・・車を廃車にするのはお金と大変な手間が掛かるということは、お分かり頂けるかと思います。

まとめ

「ボロボロの車を売るか廃車で迷うならまずは見積もり査定」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

廃車寸前の車が必ずしも買い取りされるわけではありませんが、少なくとも廃車をするよりは手間や費用といった面でお得になる可能性があることは、ご理解頂けたのではないでしょうか。

また、車のローンがまだ残っているときは、車を売却することで、その売却代金が得られますので、その返済の足しにすることもできます。

廃車をする前には、まずは見積もり査定を一度、検討してみる価値は十分にあると思います。

買い替えを検討されている方へ

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド

第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定

第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。