廃車手続きの前に > 車にあまり乗らないときは「売る」か「保管」のどちらがお得?

車にあまり乗らないときは「売る」か「保管」のどちらがお得?

車は税金が走っていると”揶揄”されることもあるほど、所有しているだけで税金や保険料などの維持費が掛かってきます。

車のタイプにもよりますが、車検代、自動車税、自動車重量税、自賠責保険、任意で加入する自動車保険など、少なくとも、月に2~3万円程度、これに自動車ローンがあれば、ローンの金額と金利負担分の費用が必要になってきます。

そんな維持費がかかる自動車ですが、日常的に使っていれば、そのお金をかけている価値もまだありますが、車に乗らない=ほとんど乗る機会がないという場合は、その維持費が勿体なく感じてしまっても全く不思議ではありません。

そこで、今回は、車にあまり乗らないときは、「売る」か「保管」のどちらがお得なのかということを説明していきたいと思います。

一時抹消登録のメリットとデメリット

車を手放すつもりはないけど、税金や車検、保険料を支払いたくないという方には、一時的に陸運局での登録を抹消する「一時抹消登録」がおすすめです。(ページの後半に一時抹消登録の手続き方法と必要なものをご用意しています)

この方法は、海外に長期出張したり、長期の入院などで当面、車を運転する予定がないときによく使われる方法で、陸運局で手続きを行えば、使用再開のために新たに登録するまでは、税金や保険料などが掛かりません。

また、任意保険は、契約した自動車保険の会社に中断申請を申し出れば、等級を保持したまま、一時抹消登録を行うことができます。

一時抹消登録には、税金や保険は払わないまま、手元に車は置いておけるというメリットがあります。

ただし、一時抹消登録による車の保管には、デメリットも存在します。

それは、運転しないことによる車のコンディションの悪化と買い取り価格の下落です。

車は運転をせずに長期間、未使用のまま放置しておくことによる弊害も大きく、サビが発生したり、バッテリーが上がってしまったり、タイヤが一箇所だけに圧力が掛かり続けて劣化が進んだりといった問題が起こります。

また中古車は、ほとんどの場合、年式が古くなればなるほど買い取り価格が安くなってしまう傾向にありますので、いざ、利用を再開しようと思った時に、やっぱり買い替えようということになると、かなり損をしてしまう可能性が出てきます。

車にあまり乗らないのであれば、一旦売るのがベター

車の一時抹消登録はメリットがある一方、デメリットが存在しますが、車を一旦売るという方法の場合は、少なくとも一時抹消登録のように車が古くなることの心配や保管することのケアなどは必要ありません。

また再び車が欲しいと思ったときには、自分の予算に応じて新しい車を買うこともできますし、また、近年はカーリースやカーシェアといった選択肢もありますので、車を所有することなく、車を利用できる方法は、レンタカー以外の選択肢も豊富に存在します。

そう考えますと、いつ利用を再開するか分からない一時抹消をするのであれば、車を一旦、売る方がベターなのでは・・・というのが編集部の見解です。

車を売るのが面倒・・・という方は、「相見積もりで車を売る最も簡単な方法とは?」の記事も参考にして頂ければと思います。

一時抹消登録に必要なものと手続き

一時抹消登録に必要な物を編集部にて表にまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

 一時抹消登録に必要なもの
1一時抹消登録申請書
2自動車検査証(車検証
3ナンバープレート2枚
4所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
5実印
6委任状(代理人が申請する場合)
7自動車重量税還付申請書
8自動車重量税還付用の銀行口座の情報など

〇一時抹消登録申請書

一時抹消登録の申請書は、各都道府県の運輸支局、または自動車検査登録事務所内に置いてあるか、あるいはディーラーや整備工場などにもあったりします。

〇自動車検査証(車検証)

一時抹消登録の手続きの際には、車検証が必要になりますが、自動車ローンの支払いなどが済んでいて所有者を変更する場合は、所有者変更手続きが必要になります。

なお、所有者変更手続きをする際は、自動車検査証の記載 内容から現在までの変更の内容が確認できる書類(住民票、住民票の除票、戸籍の附票、戸籍謄(抄)本、商業登記簿謄(抄)本など)が必要になります。

loan_03

〇ナンバープレート2枚

1枚では一時抹消登録を受け付けてもらえませんので、必ず2枚持参しましょう。

〇所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)

自動車を登録した際に印鑑証明書を提出していると思いますが、本人確認のために、所有者の印鑑証明書の提出が義務付けられています。

有効期限が3ヶ月以内となっているのは、偽造やなりすましなどのリスクを考慮した上で、設定されています。

〇実印

印鑑証明書とセットで使用される印鑑のことで、住民票がある市区町村で登録した印鑑のことを指しています。

自動車の登録や末梢登録の他、不動産の売買などにも使用される大切な印鑑になります。

〇委任状(代理人が申請する場合)

一時抹消登録を行うのは、代理人に依頼することもできます。

たとえば、車の所有者が旦那さんで、一時抹消登録を奥さんにお願いしたい場合などは、委任状を使うことで、一時抹消登録を申請することができます。

一時抹消登録申請用の委任状として、pdfファイルとwordファイルの2つをご用意いたしました。下記のボタンをクリックして、ダウンロードあるいは印刷してください。

どちらのファイルもA4サイズの横で作成しています。

中古車登録申請のためのPDFファイルをダウンロードする

中古車登録申請のためのwordファイルをダウンロードする

記入例は下記になります。

attorney1640

文中にある移転登録のところを、抹消登録に変更して委任状にご記入ください。

なお、代理人が抹消登録を行う場合は、代理人の印鑑証明書と実印も必要になります。

〇自動車重量税還付申請書

自動車重量税は、車検の更新の時に支払う税金のことですが、車検がまだ2ヶ月以上、残っている状態で一時抹消登録を受けるときは、自動車重量税の還付を受けることができます。

ただ、注意しなくてはいけないのは、自動車重量税還付金の受け取りの対象となるのは、一時抹消登録する自動車の保有者になります。

例えば、自動車ローンが残っていたりなどで、自動車の保有権利者がディーラーや販売業者になっている場合は、自動車重量税の還付金受給対象者はディーラーや販売業者になります。

還付申請書の提出先は、登録自動車の使用の本拠の位置を管轄する 運輸支局又は自動車検査登録事務所になります。

〇自動車重量税還付用の銀行口座の情報など

自動車重量税の還付を受ける場合は、還付金を入金してもらうための銀行の口座情報についても確認しておく必要があります。

ちなみに、還付金は以下のような計算式で求められます。

還付金額 = 納付された自動車重量税額 × 車検残存期間 ÷ 車検有効期間

買い替えを検討されている方へ

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド

第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定

第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。