車買い取り・一括査定の知識 > 車買い取りの契約を結ぶときの注意点5つ

車買い取りの契約を結ぶときの注意点5つ

中古車買い取り店への売却が決まると、次は売買契約を結ぶ形になりますが、契約を結んだ後に「話と違う!」といったことにならないためにも、契約のときに注意しておく点があります。

今回は車買い取り業者との契約を結ぶ際の注意点について説明していきたいと思います。

1.買い取り査定額の減額について

中古車買取店との売買契約において典型的なトラブルと言えば、買取査定額の減額です。

例えば、ネットの一括査定などで複数の買い取り業者に、見積もり査定を出してもらい、最も査定額が高かった業者に売却することを決めた後、いざ、契約の段階になって、買取業者が買取査定額の減額を交渉してくるといったケースです。

「傷やへこみが見つかった」

「車のグレードが後で確認したら異なっていた」

「走行性能に減額対象となる個所が見つかった」

など様々なケースが考えられます。

売り主側と、買い取り側のどちらに原因があるのかということはケース・バイ・ケースですが、査定額の減額で注意するときというのは、複数の買い取り業者間であまりにも、買取価格の大きな差がある場合です。

そういった場合は、後で減額交渉が来るかもしれないといったことを覚悟しておくか、あるいは、高い買い取り価格をつけた買取業者に「後で減額交渉はないですよね?」なんていう風に直接、聞いてみるというのも一つの方法です。

2.キャンセルについて

中古車の買い取りは基本的にクーリングオフができませんので、売買契約を結んだ後は原則キャンセルができません。

ただ、大手買い取り店では、買取後のキャンセルのトラブルに対応するために、無償キャンセル期間を設けていたりします。

もちろん、会社によって、異なりますが、売却後の1~2営業日などといった短い期間です・・・。

買取店側からしますと、買い取った車は買い取りした瞬間から、会社の在庫となりまして、一刻でも早く新しい買い手を探して売りたいというのが本音です。

中古車の買い取りで売買契約を結ぶ際は、基本的にキャンセルはできないといった認識でいた方がいいでしょう。

3.入金までの期間について

中古車を買い取りしてもらった後の売却代金の入金までの時間も契約の際には、確認しておく必要があります。

大手買取店の場合は、3~4営業日で銀行口座に振り込みされることが多いですが、中にはもう少し時間がかかる買取業者もいたりします。

「一体、いつになったら入金されるんだろう・・・?」といった不安を抱えたりすることがないように、車の売買契約を結ぶ前に入金時期の目途は確認しておいた方がいいでしょう。

4.代車について

車を中古車買取店に売却するときに、確認しておきたいことの一つに代車サービスがあります。

ディーラーへの下取りの場合は、これまで乗っていた車と入れ替える形で新しい車が届くから、あるいは、新しい買い替えた車が届くまで無料で代車を手配してくれますが、中古車専門店の場合は必ずしもそうとは限りません。

大手の買い取り専門店の場合は、ほとんどの場合、無料で代車を貸し出してくれますが、お店の都合で一時的に代車の都合がつかないといったケースもあります。

中古車の売買契約を結ぶときは、代車サービスが利用できるかどうか、そして、ちゃんと自分の分の代車の手配が”今”できるかどうかを確認しておいた方がいいでしょう。

5.ローンの残債があるとき

中古車の買い取り業者の中には、中古車の買い取りの他に、中古車の販売を行っている会社もありますが、そうした会社では売却する車にローンが残っていても、次の新しい車にローンを上乗せする形での契約を結べることがあります。

uwanoseloan

通称、上乗せローンなどと呼ばれる方法ですが、この場合、注意しなくてはいけないのが、「金利」です。

上乗せローンは、ローンが残っている車を売るときには確かに色々な手間が省けて便利なのですが、金利についてはしっかりと確認しておく必要があります。

上乗せローンだから、特別高い金利になるということは少ないと思いますが、前の車のローンの残りと売却代金、そして新しい車の購入代金を計算して、借入金額が多く残ってしまう場合は、金利負担が重くなってしまうということも十分考えられます。

売買契約を結ぶ前には、金利についてはちゃんと確認しておいた方がいいでしょう。

まとめと買い取り担当者について

中古車の買い取りの契約において、後々トラブルになりそうな注意点について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

買い取り専門店の査定士の中には、車の買い取りにあたって、言葉巧みに”耳触りのいい”話を繰り広げる営業担当者も少なくありません。

そして、その言葉を信じて売却を決めたら、後でトラブルに・・・なんてケースもあります。

契約を結ぶときには、営業担当者の人間性、会社の雰囲気などから売却して問題なさそうかどうかということを”察する”ことも重要になってきます。

もしも、車が予想外に高く売れたら・・・?

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド

第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定

第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。