トップページ > 車を高く売る方法について > 中古車の買い取り業者の種類から愛車を高く売る相手を見極めよう

中古車の買い取り業者の種類から愛車を高く売る相手を見極めよう

自動車業界はすそ野がとても広い業界で、数万人規模が働いているトヨタや日産のような大手メーカーから、修理やメンテナンスを中心として数人で運営されているような会社まで、実に多岐に渡ります。

また、それだけすそ野が広い自動車業界ですから、中古車の買い取り業者の種類もかなり豊富に別れているのというのが現状です。

そこで、今回は中古車の買い取り業者の種類を知ることで、愛車を高く買い取りしてくれる業者を見極める方法について説明したいと思います。

では、早速、見ていきましょう。

中古車の買い取り業者の種類

中古車は、価格こそ車両の状況によって変動がありますが、陸運局に登録をしたり、ローンを組んだりと、れっきとした資産です。

資産が取引されるところには、マーケットが存在し、参加者も増えるのがビジネスですが、しかし、参加者すべてが必ずしも専門業者とは限りません。

中古車の買い取り業者には、どんな種類があるのかということを、ざっと表にしてみました。

1中古車の買取専門の事業者
2中古車の買い取りと販売まで手掛ける会社
3ディーラー系列の中古車買取店
4修理やメンテが中心だが、買い取りも行っている事業者
5車検が中心で中古車の買い取りも行っている業者
6表向きは車屋さんで買い取りも行っているが、保険の加入がメインとなっている会社
7輸出用の中古車買い取りの専門業者
8法人向けの中古車買い取りが中心の事業者
9債務処理が中心の買い取り業者
10中古車の買い取りも行う不用品の買い取り業者

順番に見ていきたいと思います。

〇中古車・買取専門の事業者

買い取り専門を唄う事業者には、中小・中堅企業がひしめています。

買い取り専門業者の中には、目利きの人がいて思わぬ高値で買い取ってくれる会社もあれば、回転率重視でとにかく安く買ってすぐに転売のことばかり考えてる会社がいたり、中古車の販売を考えているお客様の役に立ちたいという一心で丁寧にサポートしてくれる会社まで、実に様々なタイプの会社があります。

会社の経営方針はもちろん、教育体制、担当者などによりも買い取り価格に差は出ますが、高額で買い取りをしてもらうチャンスが最も大きい事業者の一つになります。

〇中古車の買い取りと販売まで手掛ける会社

中古車の買い取りと販売の両方を手掛ける会社には、ガリバービッグモーターラビットカーセブンアップルなど比較的、大規模に展開している会社が多いのが特徴です。

規模の大きさを背景に利益率をできるだけ下げて、つまり買い取り価格を高く設定して、中古車の買い取りを大々的に広告宣伝をかけて行い、数で勝負するという構造になっています。

買い取り価格に関しては高くなるケースが多いですが、車種や車両の状況によっては、中小の買い取り専門業者などの方が買い取り価格が高いときがあります。

〇ディーラー系列の中古車買取店

トヨタのT-UPに代表されるようなメーカー系列の中古車買取店は、独自のネットワークを生かして、中古車の買い取り・販売網を築いています。

ちなみに、T-UPはトヨタ系列ではありますが、トヨタ以外のメーカーの自動車の買い取りも行っています。

ただ、買い取り価格については、T-UPが特別高くなるということは、ほとんどありません。

自社のネットワークでビジネスをするとなると、在庫リスクやその他のコストなどを考えますと、いくら大手系列とは言え、現実的には高額での買い取りは厳しいと言わざるを得ません。

〇修理やメンテが中心だが、買い取りも行っている事業者

思わぬ高価買取をしてくれることがあるのが、このタイプの事業者になります。

中小や中堅規模の会社が多いですが、特定の車種に精通していたり、コーティングなどで高い技術を持っているスタッフが手を施すことで、他社では残念な査定だった車が高値で売れるといったケースがあります。

ただ、その逆で足元を見られて、買い叩かれることもありますので、価格の交渉にはある程度、事業者を見抜く目が必要になると思います。

〇車検が中心で中古車の買い取りも行っている業者

普段は車検をメインの事業としていながら、その傍らで中古車の買い取りも行っている事業者のことです。

車検屋さんにも、現在は様々なタイプがありますが、「中古車を買い取りした後、どうすれば高く売ることができるか?」といった点では、ノウハウや会社の仕組みがない事業者がほとんどです。

車検のことを知っていることと、高く買い取りをして、それを売ることができることは別のことと考えた方がいいでしょう。

ただ、オートオークションを利用して中古車売買の経験が豊富な事業者も中にはありますので、そうした事業者であれば、一般的な買い取り価格を提示してくれるでしょう。

〇輸出用の中古車買い取りの専門業者会社

日本の中古車を海外に輸出、販売して利益を上げている会社もあります。

そうした会社の場合は、海外で売れる中古車を探していることがほとんどで、よほど、車両の条件がマッチしない限りは、高く買い取ってもらえることはありません。

例えば、フェラーリのようなレアな高級車の場合は、車種により高額買取になる場合があります。

〇法人向けの中古車買い取りが中心の事業者

中古車買い取り事業者の中には、主な顧客が法人という事業者も存在します。

そうした事業者が一般のお客様との取引をすることは、まずありませんが、法人向けの場合、販売先が法人となることが多いため、特別な車両でない限りは、買い取り価格が高くなるということはないでしょう。

〇債務処理が中心の買い取り業者

経済的に厳しくなってしまった家庭が債務処理のために、競売などにかけられて、売られるのは、家だったり、自動車などの資産が最も分かりやすい対象です。

そして、そうした債務処理のために買い取りを行う業者もいます。

こうしたケースではほとんどの場合、市場価格をかなり下回る価格で買い取りを行うことがほとんどになります。

〇中古車の買い取りも行う不用品の買い取り業者

何でも買い取りを行ってくれる便利屋さん的な存在の業者です。

しかし、こうした業者の場合は、通常は、仲介だけというケースがほとんどで、その上。仲介料も取られることになりますので、高く売る相手としては、おすすめできません。

まとめ

「中古車の買い取り業者の種類から愛車を高く売る相手を見極めよう」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

中古車の買い取り事業者にも様々な種類の会社がいることはお分かりいただけたのではないかと思います。

買い替えを検討されている方へ

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド

第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定

第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット

『超お買い得』な中古車を優先的に手に入れる方法

中古車を購入するなら、状態が悪くて割高な車両ではなく、質が高くて価格が手頃なクルマを手に入れたいですよね。

そんなお買い得な中古車を見つけるには、ちょっとした"アイデア"が必要になります。それは世の中になかなか出回らない「非公開車両」をターゲットにすること。

厳しいプロの目から見てもお買い得でクオリティの高い中古車は、公開されることも、宣伝されることもなく、その情報にアクセスできる人の手に次々と渡っていきます。

そんな「非公開車両」を特別に紹介してもらえるサービスが今、ネットのおかげで簡単に利用できるようになってきました。

無料登録を行って「返品OK、最長10年保証」といった条件を伝えれば、プロが優先的に”無料で”質の高い中古車を紹介してくれます。

「なびくる+」で超お買い得な非公開車両を見てみる >>

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。

監修者:浅井美津子

自動車・不動産などの売買契約業務から会計業務まで、長年にわたり幅広く従事。保有資格である販売士1級・宅地建物取引士(免許番号:941700070)・簿記1級を活かし、社会問題から生活に関わる話題などについて、独自の視点で執筆活動も行っています。