車の買い替え > 輸入車を購入して後悔・・・車買い替え・車の売却まとめ

輸入車を購入して後悔・・・車買い替え・車の売却まとめ

当サイトの編集部には、自分の車を持つようになってからは、VOLVO、ベンツ、アルファロメオ、フォルクスワーゲン、BMWなど、自分の好みの向くまま、気の向くまま、手当たり次第に輸入車に乗ってきたという、無類の輸入車好きのスタッフが在籍しています。

そんな彼に、「輸入車を購入して後悔したことある?」とズバリ投げかけたところ、「もちろん、ある(笑)」と即答。

そこで、今回は、輸入車を購入して後悔した点について、その彼へのヒアリングを中心にまとめて、さらに、損をしない車の買い替え方法や車の売却方法などについて見ていきたいと思います。

では、早速、見ていきましょう。

輸入車を購入して後悔しがちなポイント

輸入車は、日本車にはないデザインや乗り心地、そして、輸入車に乗っているという満足感を得られるというメリットがある一方、次のようなデメリットが懸念されます。

項目内容
修理代交換パーツなどを国内在庫として抱えている人気の輸入車は別にして、修理費用は国産車に比べると高くなりがち
車検代法定費用は排気量や重量で計算するため国産車と同じ。ただ、費用の差が出るメンテナンス代金は高くなりがち
お店の数カーショップなどでも対応しているお店とそうでないお店があるように、輸入車を修理してくれるお店が限られる。
コストパフォーマンス購入代金が高くなりがちな割に、燃費などがそれほどいいわけではない
価格の下落率一部の人気車を除くと、中古の輸入車は需給バランスが崩れやすく思わぬ値下がりに遭うというときも
車両保険高級車になればなるほど、車両保険も相応に高くなる傾向に
車上荒らしなどのリスク輸入車を狙った車上荒らしが一時期、増加した時期も・・
駐車場での対応輸入車お断りなんていう駐車場があったりします。

上記は、編集部の輸入車好きのスタッフに話を聞き、まとめたものですが、もちろん全ての輸入車に当てはまるというわけではなく、輸入車によっては、上のようなデメリットを感じる可能性があるという視点で、ご覧頂ければと思います。

例えば、日本で乗っている人も多い輸入車と言えば、ベンツやBMWが有名ですが、ベンツは中古車の供給が過剰になりやすい傾向があり(車種によっては2~3年ですぐに買い替えが起こり、需給のバランスが大きく崩れる)、そのときの状況によっては、購入してから、わずか数年で大きく価格が下落してしまうときもあるとのこと。

また、修理代や車検代などのいわゆる維持費については、輸入車の車種もさることながら、地域やお店でかなり「バラツキ」があるというのが実情で、”輸入車の修理は高い”という先入観に付け込んで、法外な修理費を請求してくるお店もあれば、国産者とほとんど変わらない修理代や車検代で対応してくれるお店もあるとのことでした。

そうしたことが起こるのも、やはり輸入車の修理や車検などに対応してくれるお店の数が少ないということが関係しているというのは、言うまでもないかと思います。

車両保険については、フェラーリなどの高級外車は、もちろん高くなりますが、輸入車でも大衆車になれば、国産車とほとんど変わりないことがほとんどです。ただ、こちらも保険会社や車種により、かなり”振れ幅”があります。

参考/自動車保険の保険料を安くする方法のまとめ

燃費については、日本の最新の車種ほどの燃費性能を持っている輸入車は、それほど多くありませんが、大きく国産車に比べて落ちるかと言いますと、決してそんなことはありません。(実際に、フィアットの500Sやフォルクスワーゲンのゴルフやポロあたりは、かなり燃費性能も高いです。)

ただ、燃費については、世界レベルで見ても、日本車が非常に優れているというのは、ほぼ間違いないかと思います。

輸入車から国産車に買い替える

「輸入車は維持費が高いから・・・やっぱり国産車に買い替えたい」

「購入した輸入車が故障が多くて困る・・・国産車に買い替えたい」

これまで説明した輸入車のデメリットなどから、そんな風に考えている方もいらっしゃるかと思います。

事実、日本車は、燃費、安全性能、環境性能、コストパフォーマンス、デザインなど世界でもトップクラスの評価を受けている車が数多くあり、輸入車に比べて数多くのメリットを享受することができます。

参考までに、アメリカのコンシュマーレポート2015では、車ブランドランキングでトップ5に、なんと日本車が4ブランドもランクインしていまして(レクサス、マツダ、トヨタ、スバル)、日本車が海外で高い人気を誇っていることが分かります。(参考/investing.com-Lexus, Mazda get highest marks in Consumer Reports auto brand study-)

例えば、SUVとして高い人気を誇るスバルの「フォレスター」は、SUVとしての優れた機能はもちろん、安全性能や環境性能は海外でも極めて高い評価を受けています。

forester

写真出所/スバル

参考/スバル・フォレスターの維持費のまとめ-車検代・税金・保険料など-

また、新型アウディ『A4』と、メルセデスベンツ『GLK』後継車の『GLC』のドイツ2車を抑えて、「ワールドカーオブザイヤー2016」を受賞したことで話題となったマツダ・ロードスターも世界的に評価されている車の一つです。

roadstar

写真出所/マツダ

参考/マツダ・ロードスターの維持費のまとめ-車検代・税金・保険料など-

その他にも、ご存知の通り、トヨタのプリウスやアクアに代表される燃費性能に優れた車も多くありますし、ホンダや日産、トヨタがしのぎを削っているミニバンやSUVにも優れた車は数多くあります。

じっくりと検討していただければと思います。

『超お買い得』な中古車を優先的に手に入れる方法

中古車を購入するなら、状態が悪くて割高な車両ではなく、質が高くて価格が手頃なクルマを手に入れたいですよね。

そんなお買い得な中古車を見つけるには、ちょっとした"アイデア"が必要になります。それは世の中になかなか出回らない「非公開車両」をターゲットにすること。

厳しいプロの目から見てもお買い得でクオリティの高い中古車は、公開されることも、宣伝されることもなく、その情報にアクセスできる人の手に次々と渡っていきます。

そんな「非公開車両」を特別に紹介してもらえるサービスが今、ネットのおかげで簡単に利用できるようになってきました。

無料登録を行って「返品OK、最長10年保証」といった条件を伝えれば、プロが優先的に質の高い中古車を紹介してくれます。

「ズバット車販売」で超お買い得な非公開車両を見てみる >>

車を高く売るためには数社から見積もりを

では続いては、輸入車から国産車へと乗り換えるにあたっての車の売却方法について説明したいと思います。

車の買い替えや車の売却を進めるとき、それまで懇意にしていた車のディーラーに下取りをお願いしたり、馴染みの車屋さんに買い取りしてもらうというのは、よくあるケースだと思いますが、実は、そうした方法で車を売却すると、”損をしている”可能性があるというのはご存知でしょうか?

別の言い方を致しますと、中古車の売却は売却先によって、実はかなり買い取り額が異なるのです。

例えば、車の買い取り専門業者とディーラーを比較してみますと、ディーラーでは、他社製のオプションやパーツの価値がなかったり、洗車代や車のメンテナンス代が下取り代金から引かれていたり、査定料が取られたりといった点で、下取り価格が安くなりがちです。

また、通常、車のディーラーは車の下取りを行うと、例えば、トヨタであれば、自社の流通網だけで下取りした中古車の手入れを行い、販売を行いますので、”在庫リスク”を抱えてしまいます。

つまり、在庫リスクの分も下取り価格から引かれるということになるのです。

一方、買い取り専門店は、フットワークの軽い業者になると、なんと買い取りした車を3~4営業日後には、中古車を扱う業者間の車売買ネットワークである通称「オートオークション(AA)」に出品して、売却してしまいます。

ディーラーは、車の下取りをして、メンテナンスを施し、時間をかけて、自社の流通網だけで売却をする。

買い取り専門店は、メンテナンスもほぼせずに買い取りを行った後、すぐに他の業者に売却する。

まるで、ビジネスモデルが違うということがお分かり頂けるかと思います。

ビジネスモデルが全然違うということは、おのずと車の売却金額に差が出るということに直結していまして、実際、ほとんどのケースで買い取り専門店への売却の方が、高く買い取りをしてくれます。

「じゃあ、馴染みの車屋さんに売却すればいいのかな?」

正解でもあり、不正解でもあります。

ご存じの通り、今、日本には大手から中小まで様々な中古車買取業者がひしめいておりまして、買取専門の業者間でも買い取り価格に差が出るというのが現状です。

つまり、車を高く売るには買い取り専門業者同士での比較も必要になってくるということになります。

image

車の買い取り業者には車の査定となる標準的な目安は存在していますが、地域差、査定する人の差など、車体価格以外にも様々な要素が車の買い取りには絡んでおりまして、買い取り専門店も会社により、かなり買い取り価格に差が出てしまっています。

できるだけ簡単に車を高く売る方法

ここまで、車を高く売るには、ディーラーへの下取りも含めて、複数の買い取り専門業者から見積もりを取ることが大切であるということを説明させていただきましたが、ただ、現実的に、複数の店舗を探して、車を持ち込んで、査定をしてもらって、交渉をするというのは、大変な手間がかかります・・・。

いくら車を高く売るためとは言え、そんなに手間や時間が掛かったりするのはちょっと・・・という方もいらっしゃるかと思います。

そこで、当サイトがおすすめするのがネットを通じた一括査定サイトになります。

saeti

ネットを通じた一括査定サイトを簡単に説明させて頂きますと、上の図のようなイメージで、そのサイトに登録している複数の中古車の買い取り業者をオークションのような形で買い取り価格を競り合ってもらうというサービスになります。

一括査定サイトの利用は申し込みから査定まで全て無料で行うことができまして、ネット経由で申し込みを行うと、その後、登録している中古車買い取り業者の中から買い取りを希望する業者から連絡が入りまして、出張査定をお願いするという流れになります。(こちらから店舗に行って査定をお願いすることもできます。)

free

この方法を使えば、自分で幾つものお店を探しまわったり、移動したりする必要もありませんので、車の査定から売却にかかる時間や手間を大幅に節約することができるのも大きな特徴です。

申し込みから出張査定までを複数の業者に無料で依頼することができて、時間や手間まで省けるネットでの一括査定が今、人気を集めている理由もお分かり頂けるかと思います。

では、ネットの一括査定には、具体的にどんなサイトがあるのということを次で見ていきたいと思います。

かんたん車査定ガイドで一括査定を申し込む

最初に紹介させて頂くのは、東証一部上場企業のエイチームが運営するかんたん車査定ガイドです。

サイト名の通り、簡単な入力で査定を申し込むことができまして、必要情報を入力すると、現在の相場価格が表示されます。

エイチームはもともとシステム開発から起業した会社で、セキュリティ面も安心できますし、また、サイトの使いやすさも抜群です。

とにかく簡単で分かりやすいサイトがいいという方には、おすすめの一括査定サイトになります。

ateam

かんたん車査定ガイドへ進む

カーセンサーで一括査定を申し込む

続いて、ご紹介するのは、雑誌などでご存知の方も多いリクルートが運営しているカーセンサーです。

カーセンサーのサイトも、とても簡単に中古車のオンライン査定を行うことができます。

長年、雑誌などで中古車情報を提供しているリクルートだけに、登録している中古車買い取り業者の数が、かなり多いのが特徴です。

recruit

カーセンサーへ進む

カービューで一括査定を申し込む

もう1サイト、ご紹介させて頂きたいと思います。

ポータルサイトで有名なヤフーのグループ会社のカービューです。

カービューは、ヤフーの圧倒的な集客力を背景にした豊富なユーザーの利用実績が特徴で、ユーザーのことをよく考えて設計された入力ステップなど、スムーズに査定を申し込むことができます。

carview

カービューへ進む

まとめ

「輸入車を購入して後悔・・・車買い替え・車の売却まとめ」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

輸入車から国産車への買い替えを検討している・・・という読者の方のお役に立てれば、幸いです。

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。