車の故障・トラブル > ブレーキの異音や振動がある車の原因と修理そして売却方法

ブレーキの異音や振動がある車の原因と修理そして売却方法

車を安全に走行させるために欠かせないパーツの中でも、最も大事なパーツであるブレーキ。

そんなブレーキですが、購入からしばらく車を運転しているうちに、「ギーギー」「ガリガリ」「キュルキュル」「ギギギ」「ゴゴゴ」といった異音や「ガタガタ」「ブルブル」といった振動が起こることがあります。

ブレーキは車を運転していると必ず使いますので、異音や振動はどうしても気になってしまいますよね。

一体、何が原因でブレーキの異音や振動が起こるのでしょうか?

今回は、ブレーキの異音や振動の原因と修理代、そしてブレーキが故障した車を売る方法について見ていきたいと思います。

ブレーキの異音の原因は・・・

読者の方もご存じの通り、一口にブレーキと言いましても、ブレーキには様々な種類があります。

エンジンブレーキ、サイドブレーキ、フットブレーキ、ディスクブレーキ、ドラムブレーキなどです。

その中でもブレーキの異音の原因となるのは、主にディスクブレーキがほとんどです。

では、ディスクブレーキの何が原因となるのでしょうか?

image01

ディスクブレーキは簡略化しますと、上のようなイメージで回転しているディスクをブレーキパッドで止めるという仕組みになっていまして、ブレーキを踏む度に、摩擦を発生させています。

そして、この摩擦が発生するところにはどうしてもトラブルが発生しやすく、ブレーキを使う回数が増えると自ずと摩耗してしまうのですが、例えば、急ブレーキを使うことが多かったり、乱暴なブレーキな使い方をしていると、ブレーキディスクやブレーキパッドの寿命を縮めてしまいます。

そして、ディスクブレーキで何か問題が発生していることを伝えてくれるのが「異音」です。

例えば、「ギーギー」「ギギギ」といった音の場合は、ブレーキパッドが擦り減っているケースが多く、あるいは、「キュルキュル」といった音が聞こえる場合は、ブレーキディスクとブレーキパッドの相性がよくないといったことが原因として考えられます。

さらに、こうした異音を放置しておくと、「ゴゴゴ」といった音が聞こえてくることがありますが、これは、パッドがすり減りすぎてしまって、ブレーキローターにぶつかっている音で、ブレーキをかけても効きそのものが悪くなって、最終的にはブレーキが効かなくなってしまうことにつながりますので、かなり危険な状況です。

また、ブレーキローターの交換となりますと、修理・交換費用はかなり高額になってしまうケースが多いので、要注意です。

ブレーキを踏むときの振動の原因は・・・

では、ブレーキを踏む度にハンドルが「ガタガタ」したり、「ブルブル」したりする原因は?と言えば、ブレーキに原因がある場合では、異音と同じようにディスクブレーキに問題があるケースが多いです。

原因としては、本来表面が平らであるはずのブレーキディスクが歪んでいて、ブレーキパッドとフィットしていないことが考えられます。

ブレーキディスクが歪んでくる原因には様々なものがありますが、特に問題が起こりやすいのは、深い踏み込みや急ブレーキ、乱暴な運転で、パッドとの摩擦が増えてブレーキディスクの表面が徐々に歪んでしまうということになってしまいます。

ブレーキの修理代や交換時期などの目安は?

では、ブレーキの異音や振動を中古車の修理屋さんやディーラーで修理してもううときには、いくらぐらいの費用がかかるのでしょうか?

あくまで参考価格ですが、修理代の目安は下記の通りとなっています。

 ブレーキの修理代金の目安
ブレーキパット交換16,000円~
ブレーキパットの当たり調整7,000円~
ブレーキディスクの研磨9,000円~
ブレーキディスク交換1台20,000円~
ブレーキキャリパーオーバーホールの交換8,000円~
ブレーキホース交換20,000円~
ブレーキオイル交換5,000円~

ブレーキパッドは消耗品ですので、ある程度の年数や走行距離を走ると交換はどうしても必要になってくると思いますが、注意しなくてはいけないのは、ブレーキパッドの修理・交換だけでなく、ブレーキディスクの交換にまで発展してしまうケースです。

「ゴゴゴ」といった異音がしたり、ブレーキの効きがかなり悪くなっているときは、ブレーキディスクも交換する必要がありまして、この場合は、ブレーキパッド、ブレーキディスクの部品代、そして、それぞれの研磨代金、ブレーキオイルなど、諸々の費用をまとめますと5万円から車種やブレーキの状態によっては、10万円近くの修理代になることも珍しくありません。

ブレーキの調子がおかしいと感じたら、早めにブレーキパッドを交換するなどの修理がおすすめです。

ブレーキが故障した車をお得に売る方法

ブレーキが故障した車を修理しようと思って、見積もりをお願いしたところ、目が飛び出るような見積もりが・・・そこまでブレーキに問題があるのであれば、ブレーキを修理してこのまま乗り続けるよりも、車を売却して乗り換えた方がいいのでは・・・と考える方もいらっしゃるかもしれません。

実際に、車検の見積もりのときに、ブレーキパッドの修理などが必要であることが分かり、見積金額を提示されて、車検を受けずに売却することを選ぶという人は少なくありません。

そして、そんなときは、ブレーキを修理せずにそのまま売却した方が断然お得です。

なぜなら、ブレーキを修理する費用以上に、買い取り業者に高く買い取ってもらえる見込みは薄いからです。

 

imaeg01

一般の人がブレーキを修理しようとすると、人件費や部品代とは別に修理屋さんへ支払う利益を払わなくてはいけませんが、買取業者の大手になると自社あるいはグループ会社を抱えていますので、修理屋さんの利益分は少なくともかなり削ることができます。

つまり、車を売る前に修理をしてしまうと、修理屋さんへ支払う利益の分だけ、損をしてしまいかねないということになります。

査定のときに、ブレーキの故障などで査定額は下がることになると思いますが、査定前の持ち出し費用がないことを考えますと、修理せずに売却する方がお得ということになります。

さらなるトラブルを招く前に・・・

中古車の資産価値に大きな影響を与えるクルマの「修復歴

実は筆者は過去に、度重なる故障やトラブルが買取価格の大きな下落を招くことがあったことから、最近は修理をする前に資産価値を確認するようにしています。

特に筆者が自分の愛車の価値を"こっそり"と知るために重宝しているのが、匿名査定の「UcarPAC」という無料サービス。

独自の仕組みから予想外の高値がつくことも多く、これまで車の買い替えのときには、何度も助けてもらいました^^

高額の修理代を払って"修理する前に"試してみるだけの価値はあります。

参考サイト/「UcarPAC

まとめ

「ブレーキの異音や振動がある車の原因と修理そして売却方法」と題して、お送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ブレーキは摩擦が起きやすいパーツであることから、メーカーはブレーキの消耗を少しでも減らせるような素材や仕組みなどの研究を重ねていますので、以前に比べますと、ブレーキの寿命は格段に延びています。

しかしながら、運転の仕方や走行距離が伸びてブレーキを使う機会が増えてしまうと、どうしてもブレーキの効きが悪くなったり、異音や振動が起きてしまうのは、避けられません。

ブレーキの異音や振動を感じたら、高額の出費になることを避けるためというのはもちろんですが、何よりも車の安全性のために、早め早めのメンテンナスを心掛けたいところです。

『超お買い得』に車を買い替える方法

中古車を買い替えるなら、状態が悪くて割高な車両ではなく、質が高くて価格が手頃なクルマを手に入れたいですよね。

そんなお買い得な中古車を見つけるには、ちょっとした"アイデア"が必要になります。それは世の中になかなか出回らない「非公開車両」をターゲットにすること。

厳しいプロの目から見てもお買い得でクオリティの高い中古車は、公開されることも、宣伝されることもなく、その情報にアクセスできる人の手に次々と渡っていきます。

そんな「非公開車両」を特別に紹介してもらえるサービスが今、ネットのおかげで簡単に利用できるようになってきました。

無料登録を行って「返品OK、最長10年保証」といった条件を伝えれば、プロが優先的に質の高い中古車を紹介してくれます。

「ズバット車販売」で超お買い得な非公開車両を見てみる >>

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。