車を高く売る方法について > 事故歴のある車を買い取り業者に高く売る方法

事故歴のある車を買い取り業者に高く売る方法

事故歴のある車を買い取り業者に高く売る方法

車に長い間乗っていると、すり傷やへこみはどうしても避けられませんが、買い取り査定で多少のマイナスになってしまうのは、致し方ないところです。

では、事故を起こした車は、どうでしょうか?

結論から言えば、普通に買い取り査定をお願いすると、大幅に査定価格がマイナスになるのは否めません。

しかしながら、事故歴のある車でも売り方によっては、高く売ることができたりします。

今回は、そんな事故歴のある車の売り方と、事故車そのものの定義などについても見ていきたいと思います。

事故歴のある車でも十分価値はある

一般的に事故歴のある車が次の買い手をすぐに見つけられると言いますと、それは、きわめて難しいと言わざるを得ません。

まず、何といっても、事故歴があるというだけで買い手からすれば、敬遠する材料になりますし、また、事故後に修復が施され、外から見て問題がないような見た目をしていても、走行性能に重大な問題が隠れているのではないかと心配になります。

実際、安全に走行できるかどうかという自動車の根幹をなす部分に修復の履歴のある車は、専門用語で修復歴車と呼ばれ、いわゆる事故車という扱いになります。

では、そんな修復歴車が中古車として買取する価値がないかと言うと、そんなことはなく、売り方を工夫すれば、買い手は幾らでも存在します。

その秘密は、日本の中古車の部品にあります。

日本の中古車の輸出台数が伸びているということは、読者の皆さんもご存じの通りですが、実は、今、日本の中古車の部品などが海外に積極的に輸出されているのです。

例えば、エンジンやサスペンションなどはその代表的なものになりまして、実際に、中古車のパーツを海外に輸出販売している会宝産業の業績は下記のグラフの通り、右肩上がりで伸びています。

pics_jisseki2015

データ参照元/会宝産業のウェブサイトより

ただ、海外でいくら日本の中古車のパーツが人気があるとは言え、どんな中古車のパーツでも輸出できるの?と言いますと、決してそんなことはなく、例えば、水害などで腐食が激しい場合は、パーツもダメになっていることが多いので、そうした場合は難しくなります。

しかし、事故を起こして、ある特定のパーツはボロボロでも、まだ使える部品があれば、それは十分に再利用の価値があり、会宝産業のように買い取りを行ってくれるということになります。

事故歴のある車を高く売る方法

それでは、事故歴のある車をどうすれば、高く売ることができるかと言いますと、それは、事故車や事故が原因の不動車などの買い取りをする専門の業者に売るということになります。

間違っても普通の買い取り業者や下取りに出してしまわないということが大事なポイントです。

例えが適切ではない可能性がありますが、サザビーのような有名なオークションでは高値で取引される骨董品や美術品が、名もない地方のフリーマーケットではタダ当然のような価格で取引されるようなもので、事故車も売るべきところに持っていく必要があるということになります。

事故車や不動車はその専門の業者に買い取りをしてもらうのが、一番、高く買い取りをしてもらえる可能性が高いと言えます。

当サイトでの事故車の買い取りサイト人気ランキングを下記に掲載しておきますので、参考にして頂ければと思います。

事故車買い取り人気ランキング

第1位【事故車買取シェアNo.1-タウ-】
事故車の買取実績No.1


第2位【Yahoo Japan運営~カービュー~】
事故車買い取り査定


第3位【顧客満足度95%】
廃車買取カーネクスト


事故車の定義

先ほど、事故車は専門用語では修復歴車と呼ばれていると説明しましたが、誰がそう呼んでいるのでしょうか。

それは、自動車公正取引協議会や日本自動車査定協議会といった社団法人や財団法人が定めています。

具体的には、下記の項目で交換、修正、補修を行った車のことを指しています。

accident01

1~8については、骨格部分に損傷が見られたり、修復、交換、補修などが行われていると、それは修復歴車=事故車という扱いになります。

また、9のラジエータコアサポートについては、隣接する骨格部位にへこみや曲り、修復、交換、補修の跡があると、修復歴車=事故車という扱いになります。

 内容
1フレーム (サイドメンバー)
2クロスメンバー
3インサイドパネル
4ピラー
5ダッシュパネル
6ルーフパネル
7フロア
8トランクフロア
9ラジエータコアサポート

逆に言えば、上記の項目に該当しない車は、事故車ではないということになりますので、その場合は、普通の車買い取り業者に車を売却した方がいいということになります。

まとめ

「事故歴のある車を買い取り業者に高く売る方法」について、お送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

実は、過去に事故を起こしているものの、”状態がいい”車というのは、悪徳買取業者にとっては、とても美味しい買い取り対象になることがあります。

なぜなら、事故車というだけで、仕入れ価格が下げることができるからです。

そして、上で説明した修復歴車の項目に該当していても、事故車というラベルは外して次の買い手に”それなり”の値段で販売するのです。

全く信じられない話ですが、実際に市場に出回っている中古車にも、そんな車が一定の確率であるというから驚きです。

そうした信用できない会社に販売しないためにも、事故歴のある車を売却するときは、複数の信頼できる業者に依頼したいところです。

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。