トップページ > コンパクトカー-自動車別の維持費- > ハイブリッド×コンパクトカーの外車のおすすめを維持費・燃費・価格の3つのポイントからレビュー

ハイブリッド×コンパクトカーの外車のおすすめを維持費・燃費・価格の3つのポイントからレビュー

写真出所/BMW・ジャパン

ハイブリッドの輸入車で、コンパクトカーが欲しい!

外車でコンパクトカー、しかも燃費性能のいいハイブリッド車が欲しい!

という方のために、2019年現在、日本国内で販売されているハイブリッド×コンパクトカーの外車を維持費・燃費・価格の3つのポイントで比較して、レビューしてみたいと思います。

では、早速見ていきましょう。

ハイブリッド×コンパクトカーの外車ラインナップ

すでに廃型となっているモデルを含めると、かなり選択肢も広がりますが、手に入れることが難しい車種もありますので、一旦、今回の記事では、メーカーから「新車」として販売されているクルマだけに絞りました。

では早速、見ていきましょう。

BMW・2シリーズ・アクティブツアラー・プラグインハイブリッド

bmw_2_active_hv

写真出所/BMW・ジャパン

2015-2016年のインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことも話題となったコンパクトカー「2シリーズ・アクティブツアラー」のハイブリッドモデルとなる「2シリーズ・アクティブツアラー・プラグインハイブリッド」

優れた走行性能に加えて環境性能と、その燃費効率から、ここ日本でも高い人気を誇っています。

 新車価格
BMW・2シリーズ・アクティブツアラー・プラグインハイブリッド523~544万円

レクサス・CT・ハイブリッド

ct790

写真出所/レクサス

「Creative Touring vehicle」というコンセプトの元、開発されたレクサスのコンパクト・ハイブリッドカー「CTハイブリッド」

優れた燃費性能と高級感あふれるエクステリア&インテリアの他、数々の先進安全技術で2011年の登場以来、ロングセラーを続けています。

 新車価格
レクサス・CT・ハイブリッド377~477万円

フォルクスワーゲン・ゴルフ・GTE(ハイブリッド)

写真出所/フォルクスワーゲン

2015年には日本での輸入開始から40周年モデルも発売され、今なお、日本国内でも高い人気を誇るコンパクトカー「フォルクスワーゲン・ゴルフ」

7代目モデルとなる最新モデルでも、その高い燃費性能や、衝突安全性能は、日本だけでなく世界中で高く評価されています。

 新車価格
フォルクスワーゲン・ゴルフ・GTE(ハイブリッド)469万円

ハイブリッド×コンパクトカーの外車 ~維持費の比較~

価格もさることながら、ハイブリッドエンジン搭載コンパクトカーはサイズの違いなどもあり、維持費にもばらつきがあります。

それぞれがどれくらいの維持費がかかるのかを見ていきたいと思います。

※比較のために、同じモデルのハイブリッド車以外のコストも掲載しています。

早速、見てみましょう。

〇BMW・2シリーズ・アクティブツアラー・プラグインハイブリッドの年間維持費

 年間維持費内容
自動車税34,500円総排気量1.0リットル超1.5リットル以下/34,500円
1年あたり自動車重量税0円免税 (0円)
参考/減税対象自動車一覧(国土交通省)
1年あたり自賠責保険料(強制保険)12,260円37ヶ月(36,780÷3=12,260)
参考/自賠責保険 -国土交通省-
(2017年4月改定)
車検費用30,000円参考/カーセンサー
自動車保険料(任意)30,000円~90,000円20~60歳/6~10等級/車両保険なし
参考/無料の自動車保険一括見積もりサービス
ガソリン代90,909円年間10,000km走行/ハイオク160円/L
JC08カタログ燃費/17.6km/L
※電力走行分は考慮していません。
駐車場代192,000円12ヶ月(16,000×12=192,000)
オイル交換代5,000円4L(作業費など1,000円込)
その他費用60,000円タイヤ代・リサイクル料金・自動車取得税など
合計454,669円~514,669円1ヶ月あたりに換算すると・・・37,889円~42,889円
駐車場代がない場合の合計262,669円~322,669円1ヶ月あたりに換算すると・・・21,889円~26,889円

〇レクサス・CT・ハイブリッドの年間維持費

 年間維持費内容
自動車税39,500円総排気量1.5リットル超2.0リットル以下/39,500円
1年あたり自動車重量税0円免税 (0円)
参考/重量税計算ツール(自動車整備振興会)
1年あたり自賠責保険料(強制保険)12,260円37ヶ月(36,780÷3=12,260)
参考/自賠責保険 -国土交通省-
(2017年4月改定)
車検費用30,000円参考/カーセンサー
自動車保険料(任意)30,000円~90,000円20~60歳/6~10等級/車両保険なし
参考/無料の自動車保険一括見積もりサービス
ガソリン代49,342円~56,390円年間10,000km走行/レギュラー150円/L
JC08カタログ燃費/26.6km/L~30.4km/L
駐車場代192,000円12ヶ月(16,000×12=192,000)
オイル交換代5,000円4L(作業費など1,000円込)
その他費用60,000円タイヤ代・リサイクル料金・自動車取得税など
合計418,102円~485,150円1ヶ月あたりに換算すると・・・34,841円~40,429円
駐車場代がない場合の合計226,102円~293,150円1ヶ月あたりに換算すると・・・18,841円~24,429円

〇フォルクスワーゲン・ゴルフ・GTE(ハイブリッド)の年間維持費

 年間維持費内容
自動車税34,500円総排気量1リットル超1.5リットル以下/34,500円
※ハイブリッドは初年度免税
1年あたり自動車重量税5,600円H32年基準+0%(16,800円÷3=5,600円)
参考/重量税計算ツール(自動車整備振興会)
1年あたり自賠責保険料(強制保険)12,260円37ヶ月(36,780÷3=12,260)
参考/自賠責保険 -国土交通省-
(2017年4月改定)
車検費用30,000円参考/カーセンサー
自動車保険料(任意)30,000円~90,000円20~60歳/6~10等級/車両保険なし
参考/無料の自動車保険一括見積もりサービス
ガソリン代70,351円年間10,000km走行/ハイオク140円/L
JC08カタログ燃費/19.9 km/L
駐車場代192,000円12ヶ月(16,000×12=192,000)
オイル交換代5,000円4L(作業費など1,000円込)
その他費用60,000円タイヤ代・リサイクル料金・自動車取得税など
合計439,711円~499,711円1ヶ月あたりに換算すると・・・36,642円~41,642円
駐車場代がない場合の合計247,711円~307,711円1ヶ月あたりに換算すると・・・20,642円~25,642円

排気量ではレクサスCT・ハイブリッドが1797ccで最も大きいサイズですが、車両重量では1,380 kg~1,440 kgと最も軽く、一方、BMW・2シリーズ・アクティブツアラー・プラグインハイブリッドとフォルクスワーゲン・ゴルフ・GTE(ハイブリッド)は、排気量こそ小さいものの、車両重量では比較的大きく、税金面では”マチマチ”という状況になっています。

※自動車税・・・例えば、総排気量1.0リットル超2リットル以下の場合、自動車税は年間34,500円~39,500円が必要になります。

※自動車重量税と自賠責保険料につきましては、新車登録時からは3年後、それ以降は2年ごとに必要になってきます。

ハイブリッド×コンパクトカーの外車 ~燃費の比較~

 JC08カタログ燃費
BMW・2シリーズ・アクティブツアラー・プラグインハイブリッド17.6 km/L
レクサス・CT・ハイブリッド26.6 km/L~30.4km/L
フォルクスワーゲン・ゴルフ・GTE(ハイブリッド)19.9 km/L

燃費の面では、レクサス・CT・ハイブリッド「26.6 km/L~30.4km/L」でトップ。

BMW・2シリーズ・アクティブツアラー・プラグインハイブリッドとフォルクスワーゲン・ゴルフ・GTE(ハイブリッド)は、レクサスに比べるとやや燃費面では劣るという結果になっています。

ただ、電力走行が可能な各メーカーのプラグインハイブリッドにつきましては、充電設備などのコストを考慮する必要がありますが、実燃費では最も安くなるというケースも十分ありえます。(例えば、近場だけの運転しか使用せず、一年を通じて、ガソリンを全く使わないなど)

ハイブリッド×コンパクトカーの外車 ~価格の比較~

 JC08カタログ燃費
BMW・2シリーズ・アクティブツアラー・プラグインハイブリッド523~544万円
レクサス・CT・ハイブリッド377~477万円
フォルクスワーゲン・ゴルフ・GTE(ハイブリッド)469万円

価格の安い順番で見ていきますと、レクサス・CT・ハイブリッドの「377~477万円」がトップ、続いてフォルクスワーゲン・ゴルフ・GTE(ハイブリッド)の「469万円」、BMW・2シリーズ・アクティブツアラー・プラグインハイブリッドの「523~544万円」と続いています。

なお、リセールバリュー(再販価値)という観点では、ハイブリッドカーは中古車でも高い人気を誇っていまして、特にレクサス(トヨタ)のハイブリッドカーの中古車は思わぬ高値がつくことがありますので、そうした点を考慮すると、ややレクサス・CT・ハイブリッドに分があると言えるかもしれません。

『超お買い得』な中古車を優先的に手に入れる方法

中古車を購入するなら、状態が悪くて割高な車両ではなく、質が高くて価格が手頃なクルマを手に入れたいですよね。

そんなお買い得な中古車を見つけるには、ちょっとした"アイデア"が必要になります。それは世の中になかなか出回らない「非公開車両」をターゲットにすること。

厳しいプロの目から見てもお買い得でクオリティの高い中古車は、公開されることも、宣伝されることもなく、その情報にアクセスできる人の手に次々と渡っていきます。

そんな「非公開車両」を特別に紹介してもらえるサービスが今、ネットのおかげで簡単に利用できるようになってきました。

無料登録を行って「返品OK、最長10年保証」といった条件を伝えれば、プロが優先的に”無料で”質の高い中古車を紹介してくれます。

「なびくる+」で超お買い得な非公開車両を見てみる >>

ハイブリッド×コンパクトカーの外車のまとめ

ハイブリッド×コンパクトカーの外車のまとめ、いかがでしたでしょうか。

ここまで見てきことを簡単にまとめますと、価格や燃費などのコスパやリセールバリューで選ぶならレクサス・CT・ハイブリッドはかなりおすすめということになるかと思います。

ただ、自宅や自宅近くに充電設備があり、運転は近場しかしないという方であれば、燃費をかなり節約することができるフォルクスワーゲン・ゴルフ・GTE(ハイブリッド)もおすすめです。

今回の記事が読者の方の参考にしていただければ、幸いです。

もしも、車が予想外に高く売れたら・・・?

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定

第2位 【UcarPAC】
車の買い取り査定サービス

第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。

監修者:浅井美津子

自動車・不動産などの売買契約業務から会計業務まで、長年にわたり幅広く従事。保有資格である販売士1級・宅地建物取引士(免許番号:941700070)・簿記1級を活かし、社会問題から生活に関わる話題などについて、独自の視点で執筆活動も行っています。