中古車の下取りについて > コストを掛けずに効率よく車を売る方法とは?

コストを掛けずに効率よく車を売る方法とは?

車を売るとき、読者の方は何を重視されるでしょうか?

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、中古車は売却する方法によって、車を売るときの時間と手間、売却代金などが、かなり変わってきます。

今回は、そうした”コスト”ごとに車の売却について比較しながら、効率よく車を売る方法について考えてみたいと思います。

車を売るまでの時間と手間

車の売却にかかる時間には、車を売りたいと思ってから売却するまでの時間、車の売却先を探す時間、売却の交渉にかかる時間など、様々な時間が掛かってきます。

そして、どこに売るかによって、それらの時間もかなり変わってきます。

売却先の代表的なものとしては、ディーラーへの下取り、買い取り専門店、一括査定サイト、個人売買などがありますが、それらを評価別に編集部でまとめたものが下記になります。

売却先時間と手間に関する評価
ディーラーへの下取り
買い取り専門店
一括査定サイト
個人売買のオークション×

〇ディーラーへの下取り

ディーラーへの下取りへの売却については、ほとんどの場合、店舗を探す時間や手間は、かかりません。

最寄りのトヨタや日産、ホンダなどのディーラーへ足を運んで、査定をしてもらって、売買契約を結べば、それで済んでしまいます。

馴染みのあるディーラーであれば、交渉などの時間や手間もほとんど掛からないかと思います。

時間や手間という点で車の売却を考えますと、ディーラーへの下取りはかなり有利と言えるでしょう。

〇中古車買い取り専門店への買い取り

では、買い取り専門店の場合はと言いますと、例えば、ガリバービッグモーターラビットカーセブンアップルなど様々な会社がありますが、それらのお店が近くにあればすぐに探せますので、探す手間や時間は、ほとんど掛かりません。

logo

ただ、複数の中古車買い取り専門店に店舗で見積もり査定をお願いしようと思うと、お店を探す時間、お店とお店の移動時間などが掛かってきて、相応の時間と手間が必要になります。

また、それぞれの店舗の査定士や営業マンとの交渉をしなくてはいけませんので、交渉に関しての時間と手間もかかります。

〇一括査定サイト

一括査定サイトは、ネットを利用して複数の買い取り業者に一括で見積もりを依頼できるサービスですが、時間については、サイトで入力をすれば、それで済みますので、ほとんどかかりません。

また、買取業者も無料で出張査定に来てくれますので、移動時間やお店を探す時間や手間もかかりません。

ただ、交渉にかかる時間や出張査定をしてもらうためのスケジュール調整などの時間と手間は、どうしても必要になってきます。

とは言いましても、移動時間や店舗を探す時間と手間は必要ありませんので、複数の買い取り専門店に店舗で見積り依頼をすることに比べると、一括査定サイトの方が有利と言えるでしょう。

〇個人売買のオークション

ヤフオクミエルカといった車の個人売買で有名なオークションサイトを利用する場合は、店舗を探すといった手間や時間はありませんので、探索コストはほとんどないに等しいかと思います。

ただ、オークションの場合、大変なことは、売却するにあたって、写真を撮ったり、必要情報を入力したり、文章を考えたりといった手間や時間が必要なことです。

また、相手との必要書類のやり取りも大変で、相手が個人なだけに、時間や手間が掛ってしまうことが少なくありません・・。

車を売ることにかかる費用と売却代金について

それでは続いて、車を売却するときの金銭面でのポイントである費用と売却代金について見ていきたいと思います。

編集部で売却先ごとに、それをまとめたものが下記になります。

売却先費用と売却代金に関する評価
ディーラーへの下取り
買い取り専門店
一括査定サイト
個人売買のオークション

〇ディーラーへの下取り

ディーラーへの下取りについては、売却に伴って必要な費用は、ほとんどありません。

あるとしても、店舗までの移動にかかるガソリン代や売却前の洗車代金といったところでしょうか。(ただ、店舗によっては査定代金がかかるお店があったりしますので、その点は考慮しておく必要があります。)

しかし、売却代金については、あまり高望みはできないというのが正直なところです。

なぜなら、ディーラーへの下取りの場合は、他社の車の下取りが安くなりがちだったり、あるいは、売却後の販売ルートが自社の販売網の中だけに限られてしまうといった理由があるからです。

ディーラーに車を売ると下取り価格が安くなってしまう理由については、「ディーラーに車を売るとなぜ下取り価格が安いのか?」の記事も参考にして頂ければと思います。

〇中古車買い取り専門店への買い取り

中古車買い取り店への買い取りについては、かかる費用としては、移動のためのガソリン代や洗車料金といったところになります。

ただ、複数の買い取り専門店の実店舗で査定をしてもらうときは、住んでいる地域にもよりますが、ガソリン代もそれなりに掛かってくることになります。

一方、売却代金については、店舗を多く回れば回るほど、査定価格を高くすることができるチャンスが出てきますので、その点では期待できると思います。

〇一括査定サイト

ネットの一括査定の場合は、基本的に無料の出張査定になりますので、持ち出す費用としては、洗車代金ぐらいのものです。

そして、一括査定サイトの場合は、複数の業者から見積もり査定を取ることが前提になっていますので、売却代金については、おのずと高くなることが期待できます。

〇個人売買のオークション

個人売買のオークションサイトでは、登録そのものにかかる費用はそれほど掛かりませんので、持ち出す費用はほぼ洗車代金ぐらいと言えます。

ただ、故障があるときは少し事情が”厄介”になります。

買い取り専門店やディーラーへの下取りの場合、売却代金から、修理代金を引いてもらうことが可能ですが、個人売買の場合は、予め修理しておかないと後で揉める原因になったりすることがあります。

また、そうした費用に加えて、書類のやり取りにかかる郵送費用なども考慮しますと、オークションで車を売却するときは、やや費用は掛かると考えておいた方がいいかもしれません。

一方、売却代金については、上手くいけば、意外な高値で売れることもありますので、買取店やディーラーに比べると、お得になるケースもあったりします。

しかし、逆に価格が想定よりもかなり安い・・・といったこともありますので、その点は”フタ”を開けてみないと分からないというのが実情です。

コストを掛けずに効率よく車を売ることのまとめ

今回は、時間と手間、そして金銭面といった売却にかかる”コスト”を幅広い視点で見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の点について総合評価として、編集部でまとめてみたのが、下記の表になります。

売却先順位
一括査定サイト1
ディーラーへの下取り2
買い取り専門店3
個人売買のオークション4

手間や時間をかけたくないということであれば、断然、ディーラーへの下取りですが、無料で複数の業者に出張査定をお願いできて、売却代金も期待できる一括査定サイトはやっぱり捨てがたいという結果に至りました。

ただ、ディーラーへの下取りと一括査定サイトはどちらかを選ぶ必要があるというものでも決してありませんので、編集部が最もお勧めする方法は、

ディーラーへの下取り+一括査定サイト

を並行して行うという方法になります。

そうすれば、コストをかけずに効率よく車の売却を進めることができると思います。

買い替えを検討されている方へ

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド

第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定

第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。