中古車の下取りについて > ローンが残っている車を売る手順とお得な方法

ローンが残っている車を売る手順とお得な方法

車を購入するときに、カーローンを組むという人は多いと思いますが、まだローンの支払いが残っている車を途中で売りたい!という方もいらっしゃると思います。

そこで、今回はローンが残っている車を売る手順とお得な方法について、説明していきたいと思います。

では、早速見ていきましょう。

車検証で車の所有者の名義を確認する

ローンの支払いが残っている車を売る場合に、まず最初に確認しなくてはいけないのは、中古車の「所有者の名義」になります。

車のローンの種類には、大きく分けて、2種類ありまして、車を担保にしている場合と、人を担保にしている場合です。

loan01

上のイメージでご覧いただきました通り、車を担保にしている場合、車の所有者はディーラーや信販会社に、そして、車を担保にせず、その人に対して融資を行っている場合は、所有者は使用者と同じになっています。

実際にお持ちの車検証で所有者の名義を確認することができます。(車検証には、現在2つのタイプがありまして、下記のどちらかの種類で該当箇所をご確認ください。)

loan_02

loan_03

そして、ローンの支払いが残っている車を売る場合に、少し手間が必要になってくるのが、所有者が使用者と異なる場合です。

所有者の名義と使用者が異なる車をお得に売る方法

車のローンの支払いが残っていて、所有者と使用者の名義が異なる車を売るためには、何らかの方法で所有者の名義を変更してから、車を必要があります。

そのための方法には、以下の3つの方法があります。

1.ローンの残りを支払って所有権を解除してもらう

車のローンの残高を確認した上で、一括で車のローンの残りを返済してしまいます。

所有者の所有権解除の依頼をディーラーやローン会社に依頼し、その後で名義変更を行います。

この場合は、ディーラーやローン会社に電話やメールなどで事情を説明すれば、すぐに手順を教えてくれます。

なお、名義変更の手続きを自分で行うのは、手間がかかる・・・ということであれば、お近くの行政書士などに名義変更を頼むと、安い費用で代行してくれることがあります。

2.ローンの残りを車を売却した代金で支払う方法

車のローンの残りが多くて、一括で支払うお金が用意できそうもないときは、車を売却した代金でローンの残りを支払うこともできます。

この場合は、まず、車のローンの残りがどれくらいあるのかということを確認して、次に、自動車の買取業者に見積もりを取ります。(ローンの残りについては、購入元のディーラーやローン会社に連絡すれば、すぐに教えてもらえます)

この場合、少しでも高く車を売るために、できれば、複数の業者に見積もりを取った方がいいでしょう。

複数の買い取り業者に見積もりを取ることについては、「中古車の買い取り査定は複数の業者で比較しないと損する?」の記事を参考にして頂ければと思います。

そして、複数の業者の中から最も高い見積りを出してくれた会社にメールなどで見積書を送ってもらった後、その見積書をもって、車の購入元である販売店やローン会社にローンの返済についての相談をもちかけます。

※見積もりは、サイト上ではなく、実際に車を見ての査定の後である必要があります。なぜなら、サイト上の見積もりは、仮の見積もりに過ぎないからです。

車の売却代金でローンを返済したいということをローンの支払いが残っているディーラーや信販会社に伝えれば問題ありません。

後は、所有権の解除に向けての準備を進めるだけという流れになります。

また、この方法については、買取業者によっては、ローンの返済から、名義変更の手続きまで代行してくれる場合がありまして、その場合は、面倒な手間は少なくて済みます。(代行手数料がかかる場合があります)

なお、ローンの残りに対して、自動車の売却代金が下回った見積もりしかもらえなかった場合は、その差額に対しては、現金で用意する必要があります。

3.車の買い替えで売る

この方法は、車を売る先と、新しい車を買い替える先が同じ会社で、さらに買い替えローンを取り扱っているという条件つきになります。(ガリバービッグモーターといった大手の中古車買い取り事業者では取り扱っています。)

具体的には、平たく言えば、残ったローンを次の新しい車のローンに上乗せするという方法で、イメージとしては、下記のような流れになります。

uwanoseloan

この場合は、所有者の名義を変えるために、中古車の買取業者がローンの残りを支払ってくれて、さらに、名義変更の手続きまで代行してくれます。(代行手数料がかかる場合があります)

この場合は、ローンの支払いが残っているディーラーや信販会社とのやりとりをほとんどせずに、新しい車に乗り換えることができます。

ただし、注意点としては、この残債ローンや上乗せローンについては、ローンを組める上限があったり、金利が高くなったりという制限がある他、毎月のローンの支払金額がかなり重くなるということが挙げられます。

所有者の名義と使用者が異なる車を勝手に売ると・・・

所有権がない車を勝手に他人に売るということは、法律的には、違法行為にあたりまして、相手に訴えられてしまう可能性があります。

具体的には、刑法では横領罪が適用されて罰金刑などが適用されたり、最悪の場合は、刑務所で懲役も課される可能性があります。

また、それとは別に民法では、債務不履行により生じた損害賠償も請求されますので、他人名義の車を勝手に売ることは、絶対にやめましょう。

所有者の名義と使用者が同じ場合

ローンの支払いが残っていても、車の所有者の名義が使用者と同じである場合は、毎月の支払さえ問題なくしていれば、車を誰に売却しても問題ありません。

ただ、ローン契約の際に、車を売却するときには、連絡を入れることということが条件に盛り込まれている場合は、ローン会社に一報は入れておきましょう。

なお、車のローンの残りを少しでも多く返すために、少しでも高く売りたいという場合は、下取りだけでなく、複数の中古車買い取り業者に査定を行ってもらった方が高く売れる可能性が高くなります。

買い替えを検討されている方へ

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド

第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定

第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。