トップページ > 車の買い替え > 大学受験の費用が高い・・車にかかるお金の見直しまとめ

大学受験の費用が高い・・車にかかるお金の見直しまとめ

東京私大教連が毎年発表している「私立大学新入生の家計負担調査」によれば、少なくとも2009年から2015年の期間において、実に90%以上の家庭が、その費用の負担を重いと感じている「 大学受験から入学までの費用」

そして、そのうち「大変重い」と感じている家庭は直近の調査で、なんと、43.7%に達しているというのが実情です。

college

出典:私立大学新入生の家計負担調査 2015 -東京私大教連-(PDF)

そんな、約90%を超えるほどの家庭がその負担を”重い”と感じている「 大学受験から入学までの費用」ですが、一体、どれくらいの費用が実際にかかっているのでしょうか?

私立短大、国公立大学、私立大学文系、私立大学理系と進学先によって多少開きがありまして、それぞれ受験から入学までにかかる費用について、日本政策金融公庫が調査したデータによれば、おおむね入学までに70万円~110万円程度の費用が発生していることが明らかになっています。

college02

出典:教育費負担の実態調査結果 2015 -日本政策金融公庫-(PDF)

事実上の入学金である学校納付金が約40万円~70万円程度、そして、「受験のためにかかる費用」が1万円~10万円程度、入学しなかった学校への納付金が約20万円~38万円程度の費用が掛かっていまして、かなりの費用負担となっています。

なお、受験費用については、「交通費」と「宿泊費」、そして、受験する大学の数によって開きがありまして、当サイトで、ざっくり計算してみましたところ、下記のような計算結果になりました。

どこで、どれくらいの数の大学受験をするかにより、その費用に、かなり差が出ている状況であることが予想されます。

項目内訳
願書代(1校あたり約1,000円)4,000~5,000円
センター試験検定料12,000~18,000円
受験料(国立大2次試験/前期・後期)17,000~34,000円
受験料(私立大)30,000~35,000円
交通費20,000~100,000円
宿泊費8,000~30,000円
合計91,000~222,000円

では、センター試験のある1月から大学入学が決まる4月までという短い期間に約70~100万円程度の費用がかかる「受験費用」、そして、その後の教育費用を、各家庭はどのように捻出しているのでしょうか?

その点についても、日本政策金融公庫の「教育費負担の実態調査」では、アンケートが実施されていまして、下記の通り、「教育費以外の支出を削っている(節約)」「預貯金や保険などを取り崩している」といった方法で、お金を工面しているという実態が明らかになっています。

college3

出典:教育費負担の実態調査結果 2015 -日本政策金融公庫-(PDF)

本記事を執筆している筆者も、これから大学受験を控えた子供が2人もいることから、決して他人事ではなく、調べれば調べるほど、その金額の大きさに驚きを隠せません・・・。

そこで、そんな大学受験の費用の捻出のために、自動車業界の片隅に身を置く筆者が、これまで数多くの方から「車のお金」について相談を受けてきた経験を生かして、車にかかるお金を見直す様々な方法について、説明していきたいと思います。

任意で加入する自動車保険料の見直し

まず、最初におすすめしたいのが任意で加入する自動車保険の見直しになります。

1年に1度、自動車保険を更新されている方がほとんどかと思いますが、自動車保険は、ドライバーの使用目的、年齢、家族構成、走行距離、特約の見直しなどにより保険料が、かなり下げられることが少なくありません。(年単位で10万円程度変わることも)

便利なインターネットの一括見積サービスなどを利用して、補償内容と保険料をじっくりと検討したいところです。(参考/無料の自動車保険一括見積もりサービス)

自動車保険の保険料を安くするコツを網羅的にまとめたページをご用意しておりますので、「自動車保険の保険料を安くする方法のまとめ」も参考にして頂ければと思います。

カーシェアサービスで車を貸し出す

車を保有したまま、車にかかるお金を減らす方法としては、その車でお金を稼ぐという方法もあります。

それが、カーシェアサービスにオーナーとして、自分の車を貸し出してしまうという方法です。

ご存知のない方に簡単に説明させて頂きますと、カーシェアサービスはその名の通り、自分が車を使っていない間、他人にその車を使ってもらうことで、収益を上げるという効率的なサービスで、もともとはアメリカで生まれたサービスですが、ここ日本でも2015年からDeNAがはじめたAnyca(エニカ)などを中心に、徐々に盛り上がりを見せてきています。

貸し出す車の利用料金を設定後、車のレンタルを希望するドライバーに対して、車のオーナーが貸し出しを許可するかどうかを決め、車のレンタルが決まった場合、その利用料の10%をAnyca(エニカ)に支払うという流れになります。

anyca_700

Anyca(エニカ)のサイトへ進む

カーシェアサービスを利用すれば、自分が車を使っていない間に、自分の車がお金を稼いでくれて、大学の受験費用の負担に一役買ってくれます。

維持費の安い自動車への買い替え

ご存知の通り、車にかかるコストで最も大きなポイントになるのは、「購入費用(車両価格)」「税金」「燃費」の3つになります。(それ以外にも、駐車場代、修理代、高速代など様々なコストが重くのしかかってきます。)

中でも、「税金」、「燃費」などを安くするために最もよく知られた方法としては、普通自動車から軽自動車に買い替えるという方法で、例えば、軽自動車で人気のダイハツムーブとトヨタの人気ミニバンであるトヨタ・エスクァイアを比較してみますと、軽自動車のコストの安さが際立っています。

〇ダイハツムーブの維持費のシュミレーション

 年間維持費内容
自動車税10,800円軽自動車 (四輪以上/自家用乗用)/10,800円
1年あたり自動車重量税600円~1,866円H32年基準+0%(5,600÷3=1,866円)
H32年基準+10% (3,700÷3=1,233円)
H32年基準+20%(1,800÷3=600円)
参考/減税対象自動車一覧(国土交通省)
1年あたり自賠責保険料(強制保険)11,870円37ヶ月(35,610÷3=11,870)
参考/自賠責保険 -国土交通省-
(2017年4月改定)
車検費用12,000円参考/カーセンサー
自動車保険料(任意)30,000円~90,000円20~60歳/6~10等級/車両保険なし
参考/無料の自動車保険一括見積もりサービス
ガソリン代45,161円~54,687円年間10,000km走行/レギュラー140円/L
JC08カタログ燃費/25.6 km/L~31.0km/L
駐車場代192,000円12ヶ月(16,000×12=192,000)
オイル交換代5,000円4L(作業費など1,000円込)
その他費用20,000円タイヤ代・リサイクル料金・自動車取得税など
合計327,431円~398,223円1ヶ月あたりに換算すると・・・27,285円~33,185円
駐車場代がない場合の合計135,431円~206,223円1ヶ月あたりに換算すると・・・11,285円~17,185円

参考/ダイハツムーブの維持費のまとめ-車検代・税金・保険料など-

〇トヨタ・エスクァイアの維持費のシュミレーション

 年間維持費内容
自動車税39,500円総排気量1.5リットル超2リットル以下/39,500円
1年あたり自動車重量税0円~7,500円25%軽減(22,500÷3=7,500円)
免税(0円)
参考/減税対象自動車一覧(国土交通省)
1年あたり自賠責保険料(強制保険)12,260円37ヶ月(36,780÷3=12,260)
参考/自賠責保険 -国土交通省-
(2017年4月改定)
車検費用20,000円参考/カーセンサー
自動車保険料(任意)30,000円~90,000円20~60歳/6~10等級/車両保険なし
参考/無料の自動車保険一括見積もりサービス
ガソリン代58,823円~94,594円年間10,000km走行/レギュラー140円/L
JC08カタログ燃費/14.8km/L~23.8km/L
駐車場代192,000円12ヶ月(16,000×12=192,000)
オイル交換代5,000円4L(作業費など1,000円込)
その他費用40,000円タイヤ代・リサイクル料金・自動車取得税など
合計397,583円~500,854円1ヶ月あたりに換算すると・・・32,131円~41,737円
駐車場代がない場合の合計205,583円~308,854円1ヶ月あたりに換算すると・・・17,131円~25,737円

参考/トヨタ・エスクァイアの維持費のまとめ-車検代・税金・保険料など-

車両価格もダイハツムーブは110万円代から入手できるのに比べて、トヨタ・エスクァイアは少なくとも260万円程度が必要になることから、その費用は雲泥の差と言っても過言ではありません。

マイカーとしての自動車の保有コストを下げるということであれば、圧倒的に軽自動車がおすすめということになります。

『超お買い得』な中古車を優先的に手に入れる方法

中古車を購入するなら、状態が悪くて割高な車両ではなく、質が高くて価格が手頃なクルマを手に入れたいですよね。

そんなお買い得な中古車を見つけるには、ちょっとした"アイデア"が必要になります。それは世の中になかなか出回らない「非公開車両」をターゲットにすること。

厳しいプロの目から見てもお買い得でクオリティの高い中古車は、公開されることも、宣伝されることもなく、その情報にアクセスできる人の手に次々と渡っていきます。

そんな「非公開車両」を特別に紹介してもらえるサービスが今、ネットのおかげで簡単に利用できるようになってきました。

無料登録を行って「返品OK、最長10年保証」といった条件を伝えれば、プロが優先的に”無料で”質の高い中古車を紹介してくれます。

「なびくる+」で超お買い得な非公開車両を見てみる >>

車を保有せず、カーリースを利用する

また、車を所有するのではなく、カーリースを選ぶという方法もあります。

カーリースのいいところは、車検や税金などの支払いが必要ないところで、自動車保険だけ加入しておけば、あとの費用はカーリースを行っている会社が負担してくれます。

例えばカーリースで有名な「【コスモ石油公式】スマートビークル 」のサイトを見ると、60回払いで月額25,000~30,000円程度の費用をかけて利用している人が多くいることが分かりますが、毎月、これくらいの金額であれば、自分で車を買って保有することに比べると、”安い”と感じている人が多いということが窺えます。

また、メンテナンス代金も見逃せません。

例えば、オイル交換 、タイヤ交換、ブレーキパッド・フルード交換、バッテリー交換、ワイパーゴム交換、エアコンフィルター交換などは、本来は車の持ち主の負担になりますが、カーリースではリース会社が負担してくれます。

ただ、カーリースでコストメリットが出るのは、自動車ローンで車を購入する場合などで、ローンの支払いがない場合は、カーリースよりも維持費が安くなることが多いので、その点は事前に確認しておく必要があります。

車を高く売るためには数社から見積もりを

車の買い替えや車の売却を進めるとき、それまで懇意にしていた車のディーラーに下取りをお願いしたり、馴染みの車屋さんに買い取りしてもらうというのは、よくあるケースだと思いますが、実は、そうした方法で車を売却すると、”損をしている”可能性があるというのはご存知でしょうか?

別の言い方を致しますと、中古車の売却は売却先によって、実はかなり買い取り額が異なるのです。

例えば、車の買い取り専門業者とディーラーを比較してみますと、ディーラーでは、他社製のオプションやパーツの価値がなかったり、洗車代や車のメンテナンス代が下取り代金から引かれていたり、査定料が取られたりといった点で、下取り価格が安くなりがちです。

また、通常、車のディーラーは車の下取りを行うと、例えば、トヨタであれば、自社の流通網だけで下取りした中古車の手入れを行い、販売を行いますので、”在庫リスク”を抱えてしまいます。

つまり、在庫リスクの分も下取り価格から引かれるということになるのです。

一方、買い取り専門店は、フットワークの軽い業者になると、なんと買い取りした車を3~4営業日後には、中古車を扱う業者間の車売買ネットワークである通称「オートオークション(AA)」に出品して、売却してしまいます。

ディーラーは、車の下取りをして、メンテナンスを施し、時間をかけて、自社の流通網だけで売却をする。

買い取り専門店は、メンテナンスもほぼせずに買い取りを行った後、すぐに他の業者に売却する。

まるで、ビジネスモデルが違うということがお分かり頂けるかと思います。

ビジネスモデルが全然違うということは、おのずと車の売却金額に差が出るということに直結していまして、実際、ほとんどのケースで買い取り専門店への売却の方が、高く買い取りをしてくれます。

「じゃあ、馴染みの車屋さんに売却すればいいのかな?」

正解でもあり、不正解でもあります。

ご存じの通り、今、日本には大手から中小まで様々な中古車買取業者がひしめいておりまして、買取専門の業者間でも買い取り価格に差が出るというのが現状です。

つまり、車を高く売るには買い取り専門業者同士での比較も必要になってくるということになります。

image

車の買い取り業者には車の査定となる標準的な目安は存在していますが、地域差、査定する人の差など、車体価格以外にも様々な要素が車の買い取りには絡んでおりまして、買い取り専門店も会社により、かなり買い取り価格に差が出てしまっています。

できるだけ簡単に車を高く売る方法

ここまで、車を高く売るには、ディーラーへの下取りも含めて、複数の買い取り専門業者から見積もりを取ることが大切であるということを説明させていただきましたが、ただ、現実的に、複数の店舗を探して、車を持ち込んで、査定をしてもらって、交渉をするというのは、大変な手間がかかります・・・。

いくら車を高く売るためとは言え、そんなに手間や時間が掛かったりするのはちょっと・・・という方もいらっしゃるかと思います。

そこで、当サイトがおすすめするのがネットを通じた一括査定サイトになります。

saeti

ネットを通じた一括査定サイトを簡単に説明させて頂きますと、上の図のようなイメージで、そのサイトに登録している複数の中古車の買い取り業者をオークションのような形で買い取り価格を競り合ってもらうというサービスになります。

一括査定サイトの利用は申し込みから査定まで全て無料で行うことができまして、ネット経由で申し込みを行うと、その後、登録している中古車買い取り業者の中から買い取りを希望する業者から連絡が入りまして、出張査定をお願いするという流れになります。(こちらから店舗に行って査定をお願いすることもできます。)

free

この方法を使えば、自分で幾つものお店を探しまわったり、移動したりする必要もありませんので、車の査定から売却にかかる時間や手間を大幅に節約することができるのも大きな特徴です。

申し込みから出張査定までを複数の業者に無料で依頼することができて、時間や手間まで省けるネットでの一括査定が今、人気を集めている理由もお分かり頂けるかと思います。

では、ネットの一括査定には、具体的にどんなサイトがあるのということを次で見ていきたいと思います。

かんたん車査定ガイドで一括査定を申し込む

最初に紹介させて頂くのは、東証一部上場企業のエイチームが運営するかんたん車査定ガイドです。

サイト名の通り、簡単な入力で査定を申し込むことができまして、必要情報を入力すると、現在の相場価格が表示されます。

エイチームはもともとシステム開発から起業した会社で、セキュリティ面も安心できますし、また、サイトの使いやすさも抜群です。

とにかく簡単で分かりやすいサイトがいいという方には、おすすめの一括査定サイトになります。

ateam

かんたん車査定ガイドへ進む

カーセンサーで一括査定を申し込む

続いて、ご紹介するのは、雑誌などでご存知の方も多いリクルートが運営しているカーセンサーです。

カーセンサーのサイトも、とても簡単に中古車のオンライン査定を行うことができます。

長年、雑誌などで中古車情報を提供しているリクルートだけに、登録している中古車買い取り業者の数が、かなり多いのが特徴です。

recruit

カーセンサーへ進む

カービューで一括査定を申し込む

もう1サイト、ご紹介させて頂きたいと思います。

ポータルサイトで有名なヤフーのグループ会社のカービューです。

カービューは、ヤフーの圧倒的な集客力を背景にした豊富なユーザーの利用実績が特徴で、ユーザーのことをよく考えて設計された入力ステップなど、スムーズに査定を申し込むことができます。

carview

カービューへ進む

まとめ

「大学受験の費用が高い・・車にかかるお金の見直しまとめ」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

大学受験の費用の支払いをもう少し楽にしたい・・・という読者の方のお役に立てれば、幸いです。

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。

監修者:浅井美津子

自動車・不動産などの売買契約業務から会計業務まで、長年にわたり幅広く従事。保有資格である販売士1級・宅地建物取引士(免許番号:941700070)・簿記1級を活かし、社会問題から生活に関わる話題などについて、独自の視点で執筆活動も行っています。