トップページ > 車を高く売る方法について > 車をオークションで売るときの注意点とメリット・デメリットのまとめ

車をオークションで売るときの注意点とメリット・デメリットのまとめ

車を自分以外の人に売る方法には、様々な方法がありますが、上手くいけば高値で売却できるケースもあるオークション。

今回はそんなオークションで車を売るという方法について、自動車業界の片隅で働く筆者が注意点やメリット・デメリットについて説明していきたいと思います。

早速、見ていきましょう。

自動車をオークションで売るときのデメリット

それでは、まず自動車をオークションで売るときのデメリットについて見ていきましょう。

 デメリット
時間と労力売り手、買い手ともにかかる
車両の引き渡しについて車両の引き渡しが面倒
代金回収について代金回収が大変
引き渡し後の名義変更や税金などについて対応が大変
引き渡し後のトラブルについてやり取りが大変
保証についてなし

〇時間と労力はかなり要求される

オークションで車を売る場合、売り手は、後々のトラブルを防ぐために、最大限の努力を払う必要があります。

事前の車両確認はもちろん、車両情報の説明、車庫証明書などによる本人確認、メールのやり取りに金額交渉、写真撮影など、何から何まで基本的には自分で行う必要があります。

また買い手が中古車の購入に慣れていない場合ですと、説明が多く必要だったり、やりとりに多くの時間が掛かったりして、とにかく時間がかかることが少なくありません。

〇車両の引き渡しが大変

オークションでのやりとりが近いエリアに住んでいる人同士で行われた場合は、それほど大変ではありませんが、距離が離れていた場合は、引き渡しをする場所や日時、費用などの調整をするのも大変です。

輸送専門の業者がいたりしますが、その分、費用は割高にならざるを得ません。

〇代金回収リスクを考慮する必要がある

オークションでの売買とは言え、車は高額な金額を扱う取引になりますので、売却代金の回収については大きな課題の一つです。

ヤフオクなどを利用すれば、カード払いなども利用できますが、手数料などが高いため、基本的には現金決済がほとんどです。

そうなりますと、中途でのキャンセルや盗難などのリスクを考慮して、手付金や半金の入金などを促す「与信」への対応も必要となってきます。

〇引き渡し後の名義変更や税金などの手続きが大変

オークションで売却する車両が普通車であれば、陸運局に届け出る必要がありまして、その際の名義変更などもすべて、自分で行う必要があります。

中でも、名義変更に伴う書類上の手続きや契約書の締結、念書の作成など、書類上のやり取りは慣れるまでは大変な労力が必要になります。

また、税金や車検につきましても、細かい点を漏れなく確認して、売買をまとめる必要があります。

〇引き渡し後のトラブル対策

オークションによる車の売却で最も大きなハードルとなるのが、この車両の引き渡し後のトラブルかもしれません。

オイルが漏れる、加速しない、ギアが入りにくい、ハンドルが震える、ブレーキの利きが悪いなどなど、購入後しばらく経ってからのトラブルに関しては、ノークレーム・ノーリターンを大前提として、念書を事前に作成する必要があります。

特に売却した車で事故を起こされたり、交通違反となった場合の免責については、必ず事前に買い手に承諾を得ておく必要があります。

〇保証について

中古車販売の専門店であれば、5年保証や10年保証といった形で保証サービスを提供している業者がほとんどですが、オークションの場合は、その保証は簡単に結ぶことはできません。

もし、買い手のために保証サービスを導入するのであれば、そのための事業者を探して、契約を結ぶ必要があります。

車をオークションで売るときのメリット

では続いては、中古車をオークションで売却するときのメリットを見ていきましょう。

 メリット
価格売り手は高く売れる可能性がある
消費税必要なし
販売先売りたい人に販売できる

順番に見ていきたいと思います。

〇高い価格で売れることがある

オークションで車を売却する最大の魅力といえるのが、この「価格」ではないでしょうか。

仮に一般受けはしないマニアックな車やレトロカーでも、予想外の高値で売れることがあります。

例えば、時間が経過しても一向に価値が下がらなかったり、むしろ、価値が上昇するフェラーリなどは、その典型例とも言えるでしょう。

〇消費税がかからない

オークションのお金にかかるメリットとしてもう一つ有名なことは消費税がかからないという点が挙げられます。

普通に業者間での売買となりますと、消費税だけでもかなりの金額になりますので、オークションで売るというのは金額的にはメリットありということになるかと思います。

〇売りたい人に売ることができる

オークションによる中古車の売却のもう一つの特徴は、買い手と売り手の顔が見えるということも挙げられます。

自分の愛車をオークションで販売するときに、少しでも、その車の価値を理解してくれる人に買ってもらいたいというのが、売り手としての本音ではないでしょうか。

また、自分が嫌だなという人には販売することを拒否することもできます。(もちろん、状況次第です。)

そういった意味では、オークションによる中古車の売却は、売り手が買い手をある程度は、好きに選ぶことができるというのはメリットの一つと言えるでしょう。

車をオークションで売るときの注意点とまとめ

上記を踏まえて、最後に車をオークションで売るときの重要なポイントを注意点として表にまとめましたので、参考にしていただければと思います。

 オークションで車を売るときの注意点
名義変更の期限確認自動車税は所有者に請求されますので、名義変更の期限確認は必須
自動車税の月割計算自動車税の月割残額について、どうするのかを双方で相談。一般的には売却金額から調整することが多い。
キャンセルについての取り決め機会損失などを埋めるための手付金(返金付加)を求める
念書や覚書を作る書式は自由ですが、割印ありで書面を作成しましょう。
本人確認なりすましを防ぐため免許証のコピーなどを求める
契約書の作成免責などについて事前周知を徹底
代金の支払い方法を決める回収漏れがないよう決定する

オークションで車を販売するのは大変な点も多いですが、オークションならではの醍醐味もありますので、それ以外の売却方法も検討しながら、自分に合った方法を選びたいところですね。

買い替えを検討されている方へ

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド


第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定


第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット


『超お買い得』な中古車を優先的に手に入れる方法

中古車を購入するなら、状態が悪くて割高な車両ではなく、質が高くて価格が手頃なクルマを手に入れたいですよね。

そんなお買い得な中古車を見つけるには、ちょっとした"アイデア"が必要になります。それは世の中になかなか出回らない「非公開車両」をターゲットにすること。

厳しいプロの目から見てもお買い得でクオリティの高い中古車は、公開されることも、宣伝されることもなく、その情報にアクセスできる人の手に次々と渡っていきます。

そんな「非公開車両」を特別に紹介してもらえるサービスが今、ネットのおかげで簡単に利用できるようになってきました。

無料登録を行って「返品OK、最長10年保証」といった条件を伝えれば、プロが優先的に”無料で”質の高い中古車を紹介してくれます。

「なびくる+」で超お買い得な非公開車両を見てみる >>

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。

監修者:浅井美津子

自動車・不動産などの売買契約業務から会計業務まで、長年にわたり幅広く従事。保有資格である販売士1級・宅地建物取引士(免許番号:941700070)・簿記1級を活かし、社会問題から生活に関わる話題などについて、独自の視点で執筆活動も行っています。