トップページ > 車の買い替え > 車検前に買い替えは本当にお得?!損をしないための方法と注意点まとめ

車検前に買い替えは本当にお得?!損をしないための方法と注意点まとめ

車の買い替えは車検の前にした方がお得だよ~!

これから車の買い替えを検討している人の中には、車検を前にこんな言葉を掛けられた、あるいは目にしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、車検前に買い替えをするのが本当にお得かと言いますと、実はそうとは言い切れないケースもあるのです。

そこで、今回は自動車業界の片隅で働く筆者が車検前の買い替えで損をしないための方法と注意点についてまとめてみたいと思います。

早速見ていきましょう。

「普通に」車検を通すのであれば、車の売却前に車検をしない方がいいのは確か

まず、そもそもなぜ、中古車を売却する前に車検は受けない方がいいのか?という理由について、ざっくりと見てみたいと思います。

その理由は、結論から先に申し上げますと、ディーラーや指定工場などのよくある車検屋さんの「利益負担」という点に、ほぼ集約されています。

どういうことなのか、イメージを交えながら、早速見てみましょう。

下のイメージは、車の前の保有者である「売り手」が車を売却前に負担する車検費用の内訳です。

一番左の赤い部分が「売り手」が負担する車検屋さんの「利益」になりまして、売り手が法定費用、点検費用(この2つは誰が払っても同じ)の他に、車検屋さんの利益まで負担しているということがお分かり頂けるかと思います。

では、車検を通さずに売り手が車を売却し、その中古車を購入した新たな買い手が車検を通した場合はと言いますと、その赤い部分の車検屋さんの利益は「買い手」が負担するという形になります。

ディーラーや指定工場といった”普通の”車検業者に車検を通すと、どうしてもその赤い部分の負担が重くなるために、車の買い替え時は車検を通さずに売却した方がいいというのは、こうした「負担」を理由に言及されているケースがほとんどです。

しかし、実はすべてのケースがこうしたケースに当てはまるかと言いますと、実は売り手が買い替え前に、車検を通しても損しない場合もあるのです。

では、どんなケースがあるのかを続いて見ていきましょう。

格安車検で車検費用を限界まで下げる

先ほど、これから車の買い替えを検討している売り手の費用負担の中で、”普通に”頼むと、車検屋さんへの利益負担を重くなってしまうという話をしましたが、ご存知の通り、近年は車検にも様々なサービスが出てきておりまして、中でも「格安車検」と呼ばれるフランチャイズ車検やユーザー車検と呼ばれるサービスがあります。

<参考>車検サービス事業者の特徴と価格について

 安心感と費用
ディーラー・人件費・純正部品による整備などコストは高くなりがち。
・安心感は抜群。
指定整備工場・土日が休みだったり、意外に整備費が高かったりとコストやサービス面で他の業者に比べると、メリットが少ない。
・整備技術についても、業者によってバラつきがあり、安心感も△
中古車販売店/買取店
・中古車販売・買取の大手であれば、豊富な実績から安心感も期待できる。
・車検にかかる費用も安い。
車検フランチャイズ
・店舗数の多さで部品調達コストを下げたり、車検に特化することでコストを限界まで削り、低価格の車検サービスを提供。
・スピード感はあるが、安心感といった面ではやや見劣りする面も。
ガソリンスタンド・カー用品店

・店舗数の多さで部品調達コストが安く、低価格の車検サービスを提供。
・指定整備工場の大手であれば、スピード感、安心感もある。
ユーザー車検代行業者
・基本的に陸運局での検査を代行するだけなので、コストは安い。
・それ以外のことは期待できないため安心感は・・。

そうした車検業者を利用すると、下のイメージの通り、車検の費用負担を大幅に下げることができるのです。

いやいや・・それでも結局、売り手が車検屋さんへの利益を負担してることには変わらないから、損なんじゃないの?

確かに、車検費用の負担だけに注目するとその通りです。

しかし、このわずかな車検屋さんへの利益負担が「お得」になることがあるのです。

えーどういうこと?

格安車検で車検費用を安く済ませて買取額をアップ!

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、中古車の買取査定は「車そのものの価値」以外にもその価格を左右する要素が多岐に割っておりまして、例えば、景気の良し悪しや地域、査定する人の好みなどもあったりします。

image

そして、特に中古車買取専門などでは、その価格の決定要因の一つに「スピード」が上げられます。

スピードといっても、もちろん・・車の速さではなく・・(^^;)、その車が“いかに早く売れるかどうか”という点を重視している買取業者がいるのです。

彼らのビジネスモデルは、様々な自動車を自分たちの基準でチェックを行い、仕入れた車をどんどん中古車の業者間取引市場へ流通させていくという仕組みになっています。

そして、中には「車検が通っている中古車は早く売りやすい!」という独自のデータを持っている買取事業者もあったりするのです。

言い換えれば、そうした中古車買取店では、「車検を通したばかり」というのは、「プラス査定」の評価の対象になるということです。

もちろん、車検を通しているかどうかが買取価格にどれだけ大きな影響を与えるのかは一概には言えませんが、買い替え前に車検を通したことで、買取価格が高くなることも十分あり得る話というのは、お分かり頂けるかと思います。

この方法には注意点アリ・・条件は「車歴が短い人気車」

ここまでの説明をご覧いただきました方の中には、

なるほど、それなら買い替え前に車検を通して買取アップを狙ってみるかな・・

と考えた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この方法を使って買取アップを狙うには、条件があるので注意が必要です。

なぜなら、今回の方法は格安車検サービスを利用して、車検屋さんの利益を圧縮して、買取価格をアップを狙う方法ですので、車検費用が高くなりがちな車歴の長い車やそれほど人気の高くない車はそもそも、車検の費用以上に買取価格がアップしない可能性があるからです。

特に最近は、国土交通省がエコカー普及を目的に車歴の長い中古車に対して、自動車重量税や自動車税を増税するという方針を取っておりますので、車歴の長い中古車に関しては、かなり厳しい査定価格が出ることもあったりします。

ただ、ディーラーや中古車屋さんに持ち込んで下取りをお願いしても、査定価格はそれほど期待できませんが、ネットを利用した中古車買い取り一括査定サービスを利用すれば、予想外の高値で買い取ってくれる可能性はありますので、車歴の長い中古車などは、そうしたサービスを賢く利用したいところですね。

saeti

※車買取一括査定サービスとは、その名の通り、ネットを通じて中古車買取業者に一括で査定をお願いできるサービスで、高値で買い取りをしてもらえることから利用者が急増中のサービスのこと。(代表的な会社に東証一部上場企業のエイチームが運営するかんたん車査定ガイドやリクルートが運営するカーセンサーなどがあります)

まとめ

「車検前に買い替えは本当にお得?!損をしないためのチェックポイントまとめ」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の方法は、新車を購入して3年目の車検や5年目の車検時に愛車を売却するという方には、特に検討する価値のある方法になるかと思います。

今回の記事が読者の方の参考になれば幸いです!

買い替えを検討されている方へ

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド


第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定


第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット


『超お買い得』な中古車を優先的に手に入れる方法

中古車を購入するなら、状態が悪くて割高な車両ではなく、質が高くて価格が手頃なクルマを手に入れたいですよね。

そんなお買い得な中古車を見つけるには、ちょっとした"アイデア"が必要になります。それは世の中になかなか出回らない「非公開車両」をターゲットにすること。

厳しいプロの目から見てもお買い得でクオリティの高い中古車は、公開されることも、宣伝されることもなく、その情報にアクセスできる人の手に次々と渡っていきます。

そんな「非公開車両」を特別に紹介してもらえるサービスが今、ネットのおかげで簡単に利用できるようになってきました。

無料登録を行って「返品OK、最長10年保証」といった条件を伝えれば、プロが優先的に”無料で”質の高い中古車を紹介してくれます。

「なびくる+」で超お買い得な非公開車両を見てみる >>

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。

監修者:浅井美津子

自動車・不動産などの売買契約業務から会計業務まで、長年にわたり幅広く従事。保有資格である販売士1級・宅地建物取引士(免許番号:941700070)・簿記1級を活かし、社会問題から生活に関わる話題などについて、独自の視点で執筆活動も行っています。