トップページ > 車検について > 車検ギリギリで車を売る方が車検を受けた後に売却するよりもお得な理由

車検ギリギリで車を売る方が車検を受けた後に売却するよりもお得な理由

「車検がもうすぐ切れそうなんだけど・・車検を受けてから売った方がいいのかな?」

車を売るときに、こんな風に考える方もいらっしゃるかもしれません。

この点につきましては、結論から言ってしまうと、車検を受けた後よりも、車検ギリギリで車を売る方がお得です。

車の売り手が車検を受けた後に車を売却するとき、車検業者への利益は売り手が支払うことになり、そのまま次の車検満了の日まで、その車は中古車の買取業者か、あるいは新しい所有者の手に渡ることになります。

imaeg01

一方、車検の有効期限を過ぎてしまった後に、新しい買い手が車検を受けるという場合、車検業者へ支払う利益は新しい買い手が負担することになります。

imaeg02

ご覧いただきました通り、中古車の買取業者にしてみれば、車検のあり・なしということは、基本的にはあまり関係ありません。

車検の費用を支払うのは、売り手である前の所有者か、あるいは新しい買い手のどちらかになるだけで、車検に関して言えば、買取業者は立場的には橋渡しをしているだけに過ぎません。

ただ、買取業者によっては、”車検がない方がいい”というケースもありますので、その点について説明していきたいと思います。

買取業者の中には車検サービスを提供している会社も

先ほど、中古車の買い取り業者は車検のあり・なしは基本的に関係がないという説明をさせて頂きましたが、買取業者の中には、車検サービスを提供している会社がありまして、そういった業者にしてみれば、車検はむしろ”ない”方がありがたいことがあります。

なぜなら、新しい買い手となる人が、車検が切れている中古車を購入した場合、購入後にどこかの業者に依頼して車検を受ける必要があり、もしかすると、その車検の依頼を引き受けることができる可能性があるからです。

当然、その車検を引き受けることで、中古車の買取業者は利益を得ることができます。

そんな風に考えますと、中古車買い取り業者によっては、車検が切れている方が、むしろ良かったりするのです。

車検サービスを提供している中古車販売店/買取店については、下記のような業者がありますので、参考にしていただければと思います。

 特徴
中古車販売店/買取店
ガリバーの車検
中古車販売店/買取店
ビッグモーター
中古車販売店/買取店
カーセブン車検

ただ、上記の業者に買い取り査定を依頼すれば、必ず買い取り価格が高くなるかと言われますと、そうとも言い切れませんので、注意が必要です。

車の買取価格には様々な要因が影響している

車検サービスを提供している中古車買取店は、”車検”という観点で考えますと、車の買い取り価格で若干、有利な可能性がありますが、中古車の査定における価格決定のメカニズムには、その他にも多くの要因が影響を与えています。

image

車そのものの走行距離や年式、車の状態といった要因に加えて、地域性、時期、車種の人気、査定士個人の価値観、海外への輸出、景気の動向など、その他にも様々なポイントがあります。

当サイトでは、それらのポイントを詳しく解説した記事を用意しておりますので、詳しく知りたいという方は、参考にして頂ければと思います。

おすすめ記事 
データで探る!中古車を高く売ることができる時期とは?詳しく
中古車の買取業者は大手と中小どちらが高く買い取りしてくれるの?詳しく
走行距離が長い車を買い取り業者に売るときの価格について詳しく
ディーラーに車を売るとなぜ下取り価格が安いのか?詳しく
車を売るならどこがいい?チェックすべきポイント5つ詳しく
中古車の買い取り査定価格に地域差がある7つの理由詳しく
傷ありやへこみありの車を売るときは、修理してからの方がいい?詳しく

車検ギリギリで車を売るときの準備

車検ぎりぎりで車を売るときに準備しておきたい必要書類を当サイトにて表にまとめておきましたので、これから車の売却を考えている人に、参考にして頂ければと思います。

中古車を売るときの必要書類内容
車検証車検証がないと、運転することはできませんが(道路運送車両法違反)、売却することはできます。なお、紛失した場合は運輸支局で再発行してもらいます。
自動車納税証明書自動車税を支払ったことを証明するための納税証明書です。紛失した場合は、登録した運輸支局で再発行してもらいます。
自賠責保険証明書自賠責保険の保険料を支払ったことを証明する書類です。紛失した場合は、保険会社で再発行してもらいます。
リサイクル券リサイクル料を支払った事を証明する書類です。見当たらない場合は、自動車リサイクルシステムのサイトから再発行できます。
保証書新車、中古車問わず、保証期間内であれば、保証書があるはずです。なお、保証書を紛失した場合は、購入した販売店に再発行をしてもらいましょう。
取扱説明書車の取扱説明書のことです。新車の場合は必ず貰っているはずですが、中古車の場合は、ない場合もあります。なお、紛失した場合は、メーカーのホームページからダウンロードすることができます。
整備手帳これまでの定期点検の記録を記載した手帳のことです。再発行は不可となっています。
実印と印鑑証明書実印とセットで必要になる印鑑証明書。印鑑登録を済ませていない場合は、まず実印を購入して、住民票がある市区町村の役所で印鑑登録を行う必要があります。
住民票本人確認ための書類。
戸籍謄本車検証に記載してある氏名が住民票に記載がない場合。

なお、車をローンで購入していて、車の所有者の名義が自分の名義でないというときは、「所有者の名義が違う車を買い取り業者に売る方法について」の記事も参考にしてみてください。

車検ギリギリでも損をしない車の売り方

車検ギリギリのタイミングで車を売却するときに注意をしなくてはいけないのは、ディーラーに査定をお願いしてそのまま下取りに出してしまったり、近くの中古車買い取り業者1社だけに査定をしてもらって、そこで決めてしまうといったことです。

本記事の中盤でも説明いたしましたが、車の買取査定の価格は業者によって、かなり開きがあるというのが現実です。

それも、10~20万円単位で変わるということも決して珍しくありません。

損をしないためには、ディーラーへの下取りだけでなく、中古車の買い取り店やかんたん車査定ガイドカーセンサーといったネットの一括査定サイトを利用して、複数の業者で見積もりを取り、比較することは忘れずに行いましょう。

少しだけ手間や時間はかかりますが、きっと、損せずに車を売ることができるはずです。

もしも、車が予想外に高く売れたら・・・?

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド


第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定


第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット


著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。

監修者:浅井美津子

自動車・不動産などの売買契約業務から会計業務まで、長年にわたり幅広く従事。保有資格である販売士1級・宅地建物取引士(免許番号:941700070)・簿記1級を活かし、社会問題から生活に関わる話題などについて、独自の視点で執筆活動も行っています。