トップページ > 車の買い替え > 車検と買い替えの節目|走行距離15万キロや20万キロまで乗り続けるコツ

車検と買い替えの節目|走行距離15万キロや20万キロまで乗り続けるコツ

走行距離10万キロを超えてくると、次の目安となってくるのが15万キロ、20万キロといった節目ではないでしょうか。

実際に、自動車業界に身を置く筆者に対して、15万キロや20万キロといった”節目”に近づいてきているので、車検を受けるか、あるいは車を売却して新しい車に乗り換えるかで迷っている・・といった相談を持ちかけてくる友人もいたりします。

そこで、今回は筆者自身の例を交えながら、走行距離15万キロや20万キロまで車を乗り続けるコツや注意点などについて説明していきたいと思います。

長く乗るなら小まめなメンテナンスは欠かせない

最近の自動車、特に国産車の耐久性が高いことはテレビや雑誌、ネットのメディアなどを通じて、ご存知の方も多いと思いますが、ただ、10万キロの走行距離を超えてくるようになると、どんなに耐久性に優れた車でも、さすがに”メンテナンス・フリー”というわけにはいきません。

10万キロを超えたあたりから、消耗品などの交換はどうしても必要になってきます。

実際に、筆者が20万キロ目前で車を買い替えるまでに行った主な部品交換の例を、ご覧ください。

走行距離交換が必要になった消耗品・部品
11万キロタイミングベルト
12万キロラジエータキャップ
13万キロサーモスタット
14万キロホイールベアリング
15万キロブレーキディスク
16万キロサスペンション
17万キロブレーキキャリパー
18万キロトランスミッション
19万キロエアコン(見積もりが高く・・・売却を選択)

記憶が曖昧な点がありますので、交換した部品と走行距離は前後している可能性がありますが、おおむね、上のような感じで推移していきました。

最後は、エアコンが故障して、その修理費用の見積もりを取ったところ、他の交換部品も合わせて修理費用だけで20万以上の見積もりが出てきまして、車検が近づいてきたこともあり、手放すことにしました。

消耗品や部品の交換については、細かい数字は把握しきれていないのですが、総額で20万前後は掛かっていると思います。

ただ、これは筆者が自動車業界に身を置いており、10万キロを超えたあたりから小まめにメンテナンスを施してきたから、これぐらいで済んでいるという可能性は否定できません。

確かにドライバーの中には、大したメンテナンスを施さずに20万キロまで車を運転できたという人もいたりしますが、それはその人の運転技術、運転する環境、偶然などに恵まれた結果に過ぎません。

逆に、ほとんどメンテナンスをせずに車検もこれまで問題なくパスしてきたものの、走行距離が10万キロを超えたあたりから、”ガタ”がきやすくなり、故障しがちになったという人も少なくありません。

そして、そんなケースに限って、修理費用は高くなりがちです。

病気予防のための手洗いやうがい、適度な運動、定期的な検査などを怠って、実際に病気になってかかる治療費用の方が、断然”高くつく”というのと同じだと思います。

もし、本当に15万キロや20万キロまで乗り続けることを希望するのであれば、現実的には細かなメンテナンスは欠かせないと言えます。

車の定期メンテナンスはどこに頼めばいい?

では、車の定期メンテナンスはどこの業者に頼めば、いいのでしょうか?

と、その前に、先に念のため説明させていただきますが、車検はあくまで法律上の検査をパスするためのものでして、本来の意味での車の整備やメンテナンスとは”目的”が異なります。

よくあるケースとして、安い車検業者やユーザー車検代行などで車検を済ませた後、車の調子が悪くなったり、車が故障したりということがありますが、それは車検をパスするための整備しかしていないときに起こる「典型的なパターン」です。

そして、信頼できるディーラーの車検が高い理由は、車検の費用に加えて、本来の意味での車のメンテナンスをきっちりと行ってくれるというところにあります。(信頼できるという条件付きではありますが・・・)

しかし、定期メンテナンスを毎回ディーラーに頼んでばかりいると、点検整備の費用ばかり嵩んでしまって、それなら新しい車に買い替えた方が良かったかも・・・ということになりかねません。

そこで、それらを踏まえた上で、(筆者が実際に行っている)定期メンテナンスをしてくれるお手頃な業者を簡単に探す方法を紹介したいと思います。

まずリクルートが運営しているカーセンサーのサイトにアクセスします。(車検とありますが、気にせずお進みください)

m001

そして、今度は自宅がある住所の郵便番号、車のメーカー、車名を入力します。

m002

そうすると、上のような検索結果が表示されると思いますので、今度は、ページ中央部分にある「定期点検整備」というチェックボックスにチェックを入れて、再検索を行います。(検索結果が表示されない場合は、対象店舗の10km以内という範囲を広げてみて下さい)

check

すると、下記のようにずらっと対象の店舗が並びます。(検索範囲を広げるために、10km圏内から100km圏内まで対象を広げています)

serch

後はその中から、目ぼしい店舗を探して、定期点検整備を行ってもらうという流れになります。(表示されている費用は車検費用ですが、定期点検だけでも受け付けてくる業者がほとんどですので、定期点検整備費用について事前に問い合わせるか、店舗で直接聞いてみてください)

なお、カーセンサーのサイトでは、「整備保証」というチェック項目もありますので、保証をつけてくれる業者を探したいという場合は、そちらにチェックを入れて業者を探すというのも一つの方法です。

なお、定期点検整備を行ってくれる業者の”質”ですが、これについては、正直申し上げまして、当たり外れがあるのは否めません

整備指定工場だから大丈夫、ディーラーだから大丈夫、フランチャイズ車検だから大丈夫といったことは一概には言えません。

筆者のこれまでの経験から言っても、最後は、そこに勤めている”スタッフ次第”になってくるかと思います。

腕のいいスタッフがいるところは、お店の種類に関係なく信頼できますし、定期点検整備をきっちりと行ってくれるでしょう。

そういった意味ではディーラーだから安心ということは決してありません。

ディーラーは信頼できる業者が多いのは事実ですが、一方で値段が高いだけ・・・という業者がいるのも現実です。(自動車業界に限ったことではありませんが、地域によっては技術者不足の問題は深刻だったりします)

15万キロ、20万キロの走行距離まで乗り続けることを目指すのであれば、点検をきっちりと行ってくれる業者は欠かせませんので、カーセンサーのサイトなどを賢く利用しながら、できるだけ安い費用で小まめに車のメンテナンスを行ってくれる業者を探したいところです。

今回の記事が読者の方の参考になれば、幸いです。

もしも、車が予想外に高く売れたら・・・?

つい先日、筆者が一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の19万6千円にもなりました。

買い替え前にチェックしておいて本当に損せずに済みました。

申込はたったの1分で完了。あっという間に高額査定をしてくれる会社が分かります。

第1位【東証一部上場のエイチーム運営】
かんたん車査定ガイド


第2位【リクルート運営のカーセンサー】
カーセンサー.net簡単ネット査定


第3位 【ズバット車買取比較!】
中古車買取ならズバット


『超お買い得』な中古車を優先的に手に入れる方法

中古車を購入するなら、状態が悪くて割高な車両ではなく、質が高くて価格が手頃なクルマを手に入れたいですよね。

そんなお買い得な中古車を見つけるには、ちょっとした"アイデア"が必要になります。それは世の中になかなか出回らない「非公開車両」をターゲットにすること。

厳しいプロの目から見てもお買い得でクオリティの高い中古車は、公開されることも、宣伝されることもなく、その情報にアクセスできる人の手に次々と渡っていきます。

そんな「非公開車両」を特別に紹介してもらえるサービスが今、ネットのおかげで簡単に利用できるようになってきました。

無料登録を行って「返品OK、最長10年保証」といった条件を伝えれば、プロが優先的に”無料で”質の高い中古車を紹介してくれます。

「なびくる+」で超お買い得な非公開車両を見てみる >>

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。

監修者:浅井美津子

自動車・不動産などの売買契約業務から会計業務まで、長年にわたり幅広く従事。保有資格である販売士1級・宅地建物取引士(免許番号:941700070)・簿記1級を活かし、社会問題から生活に関わる話題などについて、独自の視点で執筆活動も行っています。