トップページ > 中古車の購入について > 中古車はどこで買うべき?ディーラー、中古車販売店、オークション以外にチャンスあり!

中古車はどこで買うべき?ディーラー、中古車販売店、オークション以外にチャンスあり!

中古車の購入を検討しているんだけど、安心できるところで買いたい。どこで買うべきかな?

ネットの時代で、お得に中古車を買えるとこってないの?普通に買うと損しそうだし・・

今、中古車の購入を考えている人の中には、こんな風に中古車をどこで買うべきか、悩んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は自動車業界の片隅で働く筆者が、今の時代に中古車を買うべきところについて出し惜しみなく説明していきたいと思います。

早速、見ていきましょう。

【いきなり結論】中古車を買うなら「非公開車両」を狙うのがベスト

ネット全盛の今の時代に中古車をお得に、安心して買いたい(返品OK、10年保証など)というのであれば、ズバリ、筆者のおすすめは中古車販売店や通常のオークションでは出回らない「非公開車両」に照準にあてるという方法になります。

非公開の中古車?何ソレ?どこで手に入るの?

という方もいらっしゃるかと思います。

簡単に説明させていただきますと、ネットが今ほど普及する前は、実は厳しいプロの目から見てもお買い得でクオリティの高い中古車は一般の人に公開されることも、宣伝されることもなく、その情報にアクセスできる人の手に次々と渡っていっていました。

つまり、市場に流れ出てくる中古車は、値段相応のものや、訳アリの車がほとんどで、“これは!”という掘り出し物は、一般のユーザーはなかなかお目にかかれなかったのです。

しかし、そんなこれまでアクセスしづらい”非公開の中古車”も今、「なびくる+」のようなサイトで容易にアクセスできるようになってきました。

返品OK、10年保証などの条件と予算を伝えれば、中古車をすぐに探してきてもらえますし、何より依頼だけであれば「無料」ですので、利用しない手はありません。

実際にサイトを見てもらえると分かりますが、お買い得な中古車が探せる”仕組み”は本当によく考えられた上で作られていることが分かります。

参考サイト/「なびくる+

ディーラーやオークション、中古車販売店などはどうなの?

では、「なびくる+」のようなネット中古車販売サイトに比べて、他のお店はどうなの?ということについて、筆者の視点で簡単に比較表を作ってみました。

下記の表をご覧ください。

 中古車を買うときのおすすめ度メモ
買い取り一括査定簡単・安心・安い
ディーラー簡単・安心・高い
中古車販売店安心・高い
オークション×大変・不安・高安まちまち
フリマ×大変・不安・高安まちまち

〇ディーラーでの中古車の購入

ディーラーはご存知の通り、サービスレベルも品質という意味でも安心ですし、手続きなどもスムーズに進めることがほとんどです。

ただし、ディーラーは価格という面では、正直なところ決して安くはありません。

それはしょうがない面もありまして、と言いますのも、ディーラーが店を構える店舗には家賃、人件費、各種維持費などがかかってしまうため、その分がどうしても「コスト」として乗ってくるため、販売価格が高くならざるを得ないのです。

〇中古車販売店での中古車の購入

チェーン店か個人オーナーのようなお店まで様々なお店が展開している中古車販売店。

保証サービスなどが充実しているショップなどもあれば、マニアックな車種が揃うお店もあるなど、バラエティには富んでいますが、総合的に見るとマチマチというのが実情ではないでしょうか。

ディーラー同様、店舗を構えている分のコストはかかりますし、逆に相場より安い中古車を売るお店の場合は、条件面で少し難アリということもあったりします。

評価としては△というのが筆者の偽らざる本音です。

〇オークションやフリマ

ヤフオクやメルカリ等に代表される、消費者と消費者をつなぐサービスで中古車を購入するという方法もあります。

しかし、この二つの方法は圧倒的におすすめできません。

なぜなら、名義変更(書類のやりとりなど)の大変さ、品質や保証の問題などがあまりにも重いからです。

確かに相場よりもかなり安い値段で、掘り出し物を見つけることができたりすることもあったりしますが(これも稀です・・)、購入した後に何かトラブルがあっても、すべて自己責任という形になります。

中には走行メーターの偽装、明らかに違法なカスタム車などもありますので、そういった面でも注意が必要となり、とてもじゃないですが、中古車の購入はおすすめできません。

参考/さらに中古車をお得に買うコツ

ここまでは、どこで買うべきか?ということを中心に見てきましたが、ここからはさらにもう一歩踏み込んで、中古車をお得に買うコツについてざっくりと説明していきたいと思います。

 安く買うためのコツと注意点
時期自動車の売買データから見えるのは3月、8月、11月前後?
車種SUV、セダン、ワゴン、コンパクトカーなどから狙いを定める
走行距離長ければ安いが、故障リスクやメンテナンスリスクも見逃せない
年式年式が古いと税金面でコスト負担が重い・・
カラー白・黒・シルバーを避けると値段がガクッと下がる?!
車検車検を通してない中古車が安いこともある!
税金自動車税、自動車重量税の額をチェックで維持費ダウン
リセールバリュー値段が下がりにくいクルマはトータルではお得!

詳細については、下記のリンクを辿っていただきたいのですが、要点だけ挙げますと、一般的に人気と言われるような車種や条件を避けることが重要になります。

例えば、白、黒、シルバーを避けたり、車検ありの車を探したり、リセールバリューのある車を狙う(買う前に売ることを考える人はそんなに多くない)といった方法になります。

またデータ重視派の人であれば、年で一番中古車売買が盛んになる3月や、逆に売買が低調になり、買い手が有利になる8月、11月前後あたりは時期としてはねらい目になります。

参考/車種・年式・税金など中古車を安く買うコツ8つと注意点~中古車を絶対お得に手に入れるゾ!~

まとめとおまけ

「中古車はどこで買うべき?ディーラー、中古車販売店、オークション以外にチャンスあり!」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後に、もう一つだけお得に中古車を買うための、”とっておきの方法”をお伝えして、締めたいと思います。

それは、今持っている車を少しでも高く売ることです。

でも、ディーラーに下取りをお願いしても価格は期待できそうもないクルマなんだけど・・・

そんな風にあきらめる方も少なくありませんが、実は中古車の買取価格は車種、走行距離、年数、地域、景気、車の状態など様々なポイントで決まりまして、買取先により大きな価格差が出ることも珍しくないのです。

つまり、仮に古いクルマでも複数の業者に査定してもらうと、思ってもみない価格差が出たりするのです。

saeti

上記のイメージは一例に過ぎませんが、車種によってはもっと大きな金額差が出ることも珍しくありません。

でも、どうやって複数の買取業者に依頼すればいいの?

確かに自分で車を運転して、複数の業者に買取査定をお願いするのって大変ですよね・・。(交渉とかも面倒くさいですよね・・)

そこで便利なのが、東証一部上場企業でセキュリティ対策にも実績があるかんたん車査定ガイドやTVCMでもお馴染みのカーセンサーといった自動車買取の一括査定サービスです。

複数の買取業者に一括で査定依頼を出すことができますので、中古車をお得に売りたいというときには重宝するサービスになっています。

参考/かんたん車査定ガイド
参考/カーセンサー

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!

本記事が読者の方の少しでもお役に立てれば、幸いです。

『超お買い得』な中古車を優先的に手に入れる方法

中古車を購入するなら、状態が悪くて割高な車両ではなく、質が高くて価格が手頃なクルマを手に入れたいですよね。

そんなお買い得な中古車を見つけるには、ちょっとした"アイデア"が必要になります。それは世の中になかなか出回らない「非公開車両」をターゲットにすること。

厳しいプロの目から見てもお買い得でクオリティの高い中古車は、公開されることも、宣伝されることもなく、その情報にアクセスできる人の手に次々と渡っていきます。

そんな「非公開車両」を特別に紹介してもらえるサービスが今、ネットのおかげで簡単に利用できるようになってきました。

無料登録を行って「返品OK、最長10年保証」といった条件を伝えれば、プロが優先的に”無料で”質の高い中古車を紹介してくれます。

「なびくる+」で超お買い得な非公開車両を見てみる >>

著者:伊澤仁志

自動車業界の片隅で働くエンジニア。これまでハードウェアやソフトウェアの開発だけでなく、ネットや実店舗での営業販売、マーケティングなどの仕事に関わってきました。現在はシステム設計をおこなう傍ら、ウェブメディアを中心に執筆を行っています。

監修者:浅井美津子

自動車・不動産などの売買契約業務から会計業務まで、長年にわたり幅広く従事。保有資格である販売士1級・宅地建物取引士(免許番号:941700070)・簿記1級を活かし、社会問題から生活に関わる話題などについて、独自の視点で執筆活動も行っています。